イタリアからのてがみ: 2007年12月 アーカイブ

« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月03日

Parapampoli

 難しいいですね!説明が。少し公式の会があって、我々日本人が来るはずもない町なので、その町の歴代の市長たちが、我々のために、このParapampoliという食後の飲み物を用意してくれました。食事が始まってから、知人でもない人が、ステンレスのなべに、何かの液体を入れて持ってきたのです。私はなぜこの人がいるのかがよくわからなかったのですが、食事終了後に、もって来たなべを温めて、液体が蒸発すると、そのなべにライターで火をつけたのです。説明では、北イタリアでよく冬に飲まれるもので、赤ワインとコーヒーとグラッパとが入ったもののようです。味は、コーラとワインと黒砂糖とコーヒーにワインを文字どうりミックスしたみたいな味のものです。
あしかけもうイタリアに来て10年になりますが、初めての経験する飲み物でした。液体を注ぐと火もいっしょに器に入ってくるのです。それをそっと飲むのです。おなかが熱くなりました。
部屋のライトを消して、その一連の作業を行ったのですが、所詮私のデジカメの技術では、フラッシュをはずすことも出来なくて、その幻想的なシーンを撮影できなかったのですが、それでも火の見えそうな画像を添付します。


2007年12月04日

新オリーブを送りました!

 やっとなのですが、つみとったオリーブオイルを本日、日本に向け送りました。順調に行くと、あさっての船でLa Speciaから出港の予定になっています。でも日本に着いたころが、暮れから正月になりますから、1月10日前後に倉庫に着くのでしょうか?
でも、まだのど越しの辛さが残っていますので、楽しみにしていて下さい。試し飲みをしてみましたが、まだまだ香りが良い感じです。


2007年12月06日

オリーブの木の移動!

オリーブの木の状態があまり芳しくないものがあるとときに移動をすることがあります。これは、どうかんばしくないと判断するかというと、その木に尋ねるのです。そうすと、ときに答えてくれます。

この地域は、上に石切り場(Cava)があり下が岩盤になっています。間が水をたくわえる粘土層になっているのが理想です。大きな掘削機を使ってあらかじめ移動する位置に穴をほっておいて、移動します。そのあとは、けっこうの量の水を入れるので、この時期にするのですが、寒さがくると、失敗します。リスクの大きな仕事です。私はどっちかというと木に聞きすぎるので、ときに、うるさがれますが、移動したあとに、Potaturaという枝を切る作業をします。そして晴れ間を見て、それを焼却処分します。もちろん風のない日を選ぶのです。


2007年12月14日

クリスマスのイルミネーション

 見せるの恥ずかしいほどですが、それでもこの町では待ちに待ったシーズンです。いよいよクリスマスです。その時期になると、各町で持っているイルミネーションを付けます。高所作業車を使っておのおのの通りのイルミネーションを出してきて、飾り、点灯を始めるのです。
また、各家々でも独自のイルミネーションをするのです。賞を獲得するためのものではありません。ただただ楽しむためです。冷えてきた今、心の暖かさを感じさせるイルミネーションです。

 私の撮影の技術を上げるともってきれいに写せるのでしょうが。まあ次回に挑戦しましょう。

2007年12月16日

雪です!Neve!

 Neveと言います。今日は、冷えました。マイナス2度C昼でもプラス3度Cくらいでした。今日は、Perugiaに約束があって、行きました。私はたまたま、三日ほど前にアドリア海側に行く用事があって、山超えをするためにどうしても 雪用のタイヤに変えたはかりだったので少し安全でしたが、ほぼみなパニックの状況でした。三日ほど前にトラックのストライキがあって、イタリア中のトラックがまるまる二日間ほど止まって、すべての物流が停止してやっと昨日それが解消したとたんの雪でして、大変なものでした。

物流が止まるということはたいへんなことで、ストライキ前に、車に燃料を満タンに入れるため各スタンドでは、車が数珠つなぎになるし、スーパーでは商品に欠品が出て、そして、ストライキが終わった今は、野菜の各々が何%上がったというテレヴィ報道がされていました。

画像は、Bastiaのものです。Orvietoは寒かったのですが、雪は降りませんでした。

About 2007年12月

2007年12月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34