イタリアからのてがみ: 2009年07月 アーカイブ

« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月 アーカイブ

2009年07月02日

麦畑

 
 6月から一気に乾燥がはじまって、ほぼ、一滴の雨のないまま9月になります。この時期に飛行機からイタリアの地上を見ると、この国は、何と「痩せている国!」と感じるはずです。ところが、地上に近づくにつれて、その痩せて見える褐色の大地が、麦の広大な畑であることがわかるはずです。麦の間に緑の見えるのがぶどうで、その近くで風にあおられて銀色の輝きを見せるのがオリーブです。もうこの時期になると広葉樹のすべては、その乾燥で、葉を落としています。麦の畑に少し近寄ってみると、真紅のポピーが畑の間に群生しています。このポピーという花は、ずいぶん長い間咲いているように感じます。6月から3ヶ月くらいは見ることができます。きっと全く同じ花ではないのでしょう。麦畑の間にポピーのあるシーンは、印象派の画家が好んだ風景ですが、薄い褐色の畑の中の真紅は、絵心のない者でも、思わず立ち止まるほどです。
イタリアの誇るパスタ、Pizzaなどのための広大な麦畑なのです。この広い麦の畑を見ると、幼児から老人、犬や猫までPastaを食べている国だということがわかるはずです。

日本人の寿命の長いのは?最近多くの国に知られるようになったことですが、ふと考えるに、食べ物に多くの原因があるのでは?と思うことがあります。日本では、イタリアのように幼児から老人に至るまで、同じものを食べているとは思いません。

もう収獲の時期です。大きな機械で麦を集めたあとには、大きな(私だけが言っていますが、)のり巻きのような麦の茎のロールが出来てきます。牛や豚のえさになるのです。イタリアはPastaや粉だけではありません。刈り取りの終わった麦畑のその大きなのり巻きを食べた動物やそれから出来るチーズもなかなかのものがあります。胃の刺激のためと、骨粗しょう症の予防のために、年齢を重ねた人でもたまには、イタリアの粉とチーズも食べて下さい。粉で作られるPastaの中に地中海の海の香りを含んだ強烈な太陽の光とポピーの味を、チーズなどからは、強烈な大地の臭いと牛やひつじの体温を感じるかも?と思うのです。
                     

かわゆい花

 とげがあるのは知っていましたが、(まあ Assisiには、San Francescoのとげのないバラがありますが。)時期もあることを知りました。
 ばらは、花が終わると、非情にもばっさりと花を切って捨てないと次の花がつかないのですね?こうなると50株ほどここのばらは、切ってゆくのも、そこそこセンスとみきわめが必要であることを知りました。その切り方にもルールがあって、(もちろん知らない私ですので)花屋さんに教えてもらってそのとうりにすると、本当に次の花がでてくるのです。
 母親から花は見るものではないと、教えられた私ですが、花が好きで、日々花のないことに、いらいらすることもあるほどです。
 そして、切り花は、切るときも朝か夕方に決まっていることも知りました。しかし夕方と言っても9:30まで明るいので、何か10時ごろはさみ持っているのは?おかしいですね?
ともかく、まあ花にも時期があること!知ったのです。
いやあ深い意味ありません。

2009年07月16日

ひまわり、小麦、季節感

 夏の日本にしばらくいたことがないのですが、それでも、梅雨のときのわきの下のジクジクしたおそろしさを考えると、怖くなります。また日本には、冷房設備のないところがないので、その中にしばらくいると寒くなり、外に出ると、異常な暑さで、夏よく風邪をひいたことを思い出します。
ヨーロッパはやっと、すいかのシーズンに入りました。しばらく市場に行っていませんが、車で走りながら、今ですとひまわりが盛りですし、麦畑で大きな刈り入れのマシーンが動いていますし、道路には、スイカを売っていますし、あっ!夏と、感じるのです。季節感を感じられるところにいられることを幸せに思うのです。ああ、日本でも季節感感じます。国会の先生たちがネクタイをはずしたら夏です。クールヴィズと言って。
しかし、今年もひまわりの画像をけっこう撮ったのですが、本当に、俺写真下手ですね?いやになっちゃう。


Saldi夏のバーゲン

 イタリア中の夏のバーゲンが一週間前からはじまりました。それを知らないで、バーゲンの始まる前の日に買い物をしました。まあそれはそれで。
 しかし、面白いのは、どこでもいっせいに、バーゲンをはじめるのですね?
そういえば10日ほど前に買い物をしたときに、店員のみんなが、価格の表示を変えていました。
いきなり「買いな!ほらあなたのサイズぴったり!」と言われ面食らっちゃいました。
 しかし買い物は、少なくとも、学習が必要なのです。少なくとも、どこでどんな商品がいくらで売られているのか?ということを知っていないとだめですね?
画像の確認

2009年07月23日

Orvietoの市長が変わりました

 60年ぶりの右よりとか?まあ、首長は、党派より人間性でしょうか?
外人特権を利用して、面会を申し込むと、受けてくれて、初登庁から二週目であったみたいで、いかにもあわただしい最中でしたが、市長室で会いました。国際的な会社でマネージャーをしていた経験があったとかでなかなか英語も堪能な人で、この町を良くして行こうという意気込みを、感じました。
 画像は、Orvieto市長室で、真ん中のひとは、Micherangeliのお嬢さんのSimonettaです。2009年7月21日(火)午前中のことです。友好都市のわが前橋市から、花を贈りました。前橋市を代表して、市長になったことを祝って、今後Orvietoと前橋の関係がより深く強くなることを望んでいると言っておきました。
Antonio Cocinaと言いまして、愛称は、Toniです。Orvietoにおいでになったら、声をかけてやって下さい。Toniと!


2009年07月31日

Tartufo(トリフ)


 このところ毎日 トリフが届きます。Elioが朝早くから愛犬を使って 森に行って、トリフを取ってくるからです。私はとくに好きなほうではありませんが、この辺では、Pastaに入れたり、オムレツに入れたりして食べるのが普通です。料理の世界では珍重されるものですが、ここでは、この時期からなのでしょうか?よく手に入ります。もっとも、買うわけではないのですが、そこそこの価格を出さないと買えないもののようです。
 かつては、豚がこのトリフを見つけていましたが、豚は見つけても食べてしまうので、トリフ犬を使うようになりました。またこのトリフ犬の競技もあるのです。産地であるが故のイベントですが、これもまあまあ面白いものです。
 特に犬種は問わないようですが、我が家の犬には無理なようです。このトリフは、来月料理の好きな人がくるため、そのときまでとっておこうと思っていますが、これが、そうながくはもつものでないので、冷凍保存を考えています。しかし、解凍は一度切りと言われます。
 今、たくさんあるので、サラダにでもふりかけましょうか?
 贅沢!ですね

About 2009年07月

2009年07月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年06月です。

次のアーカイブは2009年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34