イタリアからのてがみ: 2010年08月 アーカイブ

« 2010年07月 | メイン | 2010年09月 »

2010年08月 アーカイブ

2010年08月08日

2010.8月7日 Orvieto


 日本も、同じと思うのですが、今がバカンスの最高の時期でして、イタリアも、高速道路のAuto Stradaは、画像のとおり、渋滞になります。しかし、日本と違うのは、おしゃべり好きで、孤独に耐えられない、かつ、けちな人間性を持つイタリア人は、渋滞すると、まずエンジンを止め、車を降り、どうして渋滞なのかを、前後横の車の人たちと、探るのです。高速道路で、エンジンきって、外にでる?こんなこと日本では?ありません!と思うのですが?
 そうすると、前のほうから、人がやってきて、この渋滞はなぜなのか?どれくらい続くのか?と必ず、話してくる人がいるのです。

 
 朝、起きると、どうやら、秋の気配を感じます。地面から水分を感じるのです。え?「もう秋かよ!」と思うのです。そういえば、一時は、夜9時半まで明るかったのに!陽は短くなったように感じます。ふと見ると、はちはまだ集まっていないものの、ぶどうに色がつき始めました。イチジクは、その気になっていますし、りんごもなしも、いっちょまえになっています。「秋か!」と感じるのですが?
 そんな中、今年のひまわりは?と聞かれたもので、今いちばんおそい、ひまわりが近くに、あったので、2010年のひまわりを画像に収めました。
 ひまわりは、日本では、北海道の、富良野あたりでも作っているようですが、根本的に日本のそれと違うのは、土に戻すわけでなく、ヒマワリの花の中にある、種を油にするために育てているものなのです。北海道のものは、ただつぶして土を豊かにするためのようですが、イタリアのものは、花を枯らしたときに収穫するのです。

 リクエストに答えて、一つ画像を添えます。

 空は、もう確実に秋なのです。 

なので、イタリアでは、この画像になってからが、最もヒマワリにとって重要な時期なのです。

となりの畑を見ると、これも、刈り取りの終わった麦畑が続いているのです。

2010年08月15日

行く夏

 行く夏をおしむようにセミが鳴いています。その鳴き方の必死さに、移りゆく季節の悲しさは、感じられません。
 この8月15日は、Ferragostoという祝日ですが、イタリアでは、ほとんど8月は、機能していないのに、特別に祭日と決める必要もないと思うのですが、祭日です。
 昨日、Barに行った帰りに、デル・ポポロ近くに、オリーブの木で作ったワイン置きが売っていたので、買いました。そして、車を止めたデル・ポポロに行くと、Apeに乗った農業従事者が、巨大な花を売っていました。始めて見る花なので、その大きさに合う、花瓶のないことを知っていたのですが、まあバケツでもいいか?と思って買ってきました。買うときに、なんていう花?と聞くと、お前知らないのかよ!という顔して、そのおじさん「Girasole!(ひまわり)」と、ブスと返事を返してくれました。別れ際、「もつよ!」と付け加えられました。そうするととなりにいたおばさんが、「太陽に合わせて、首も動く」と別の人に付け加えられました。さあ観察しましょう。

2010年08月17日

Orvieto Il Riposino8月17日

 本当に8月も15日を過ぎると秋を感じます。この時期になると、小規模なポタツウーラと言いますが、オリーブの木の内側に出た芽と枝を切る作業があります。これは、出来たオリーブの豆を豊かにするためのものです。
画像の「オリーブは、約100年くらい経ったオリーブです。小豆島が、オリーブを始めて100年と言ってましたから、その原木に近いということでしょうか?
この国では、たいしたこともないものですが。

もうりんごは出来ています。いちじくも完成しました、なしは、あとは、太らせるだけです。

ぶどう?そうですね!果物の王様ですから!今年は、夏を感じない日が多かったので、ぶどうの糖度を心配していましたが、やっと色づきはじめました。画像のぶどうは、サンジョベーゼですね!
テーブルで食べるぶどうは、しあがりました。

 今日は、午後から、Orvieto小学校の何人かが、プールに遊びに来ることになっていて、ここにある果物をきっと採ってくれることでしょう。明日は終日そのかたずけになることでしょう。午後からというのは、5時すぎですよ!そして、うちの釜でPizzaを、作って食べることになるでしょう。プールの使用料として!
 あとかたづけを考えると、どうも効率の良い計画ではないのですが、Il Riposinoがどうも目立つところにあるので、頼まれたので、仕方ないでしょう。  礼として、あとで市長に、何かねだりましょう。
 久々に雄姿を画像で送ります。雄姿の反対は、醜態?ですか?まあまあ。では、画像を小さくします。
しかし、この作業は、オリーブの内側の枝をとる作業)はしごの上で仕事をするので、一日するとスクワット300回以上やったような気分になります。それで、今日のエクササイズは止めます。

2010年08月21日

この夏最後のバーゲン!

 町はすいています。銀行に人がいません。
8月のRoma・Milanoは最高!という人がいます。バカンスで人がいないからです。唯一はやっているのが、夏ものの最後のバーゲンをやっている店です。
 しかもOutLetでもバーゲンしています。ブラE-1,00なんていうのがあります。E-1,00
E-2,00  E-3,00などとPRしています。でも商魂たくましいもので、秋物もそこに入っていて、それは、バーゲンではないみたいです。

ひどい一日でした。

 今日来た人たちは、みんなイタリア人で、この記事を見れないし、見たとしても、日本語が全くわからないので、こんなタイトルにしました。
 女の子は、がきのくせして、ビキニです。そのうちにトップレスになって、いいけど、8歳だと何も感じません。しかも泳げないと言う子がいるので、プールの中で抱いてあげるからと、待っていると、水が怖いようで、泣き出して、胸に爪を立てられて、それでも、二時間みっちりプールの中で監視していました。

それが、終わったら、今度は親たちがPizzaの仕込みです。


 そして、ここIl Riposinoには、Pizza用の釜が二つ、肉や魚を焼く釜が一つあるのですが、釜には、それぞれ癖があって、初めて使う人には、うまく行かないことがあるので、結局私が焼くことになりました。これは私の画像がありますので、小さくします。

 サルシッチャというソーセージを持ってきた人がいて、この釜も癖があると言うので、私が焼きました。考えてみると、私は、料理を教わったこともなければ自信もないのですが、なんとなくするようになりましたが、うまくはなりません。でもこの国は、素材がいいからそこそこに出来ます。助かります。

そして宴会になりました。

そして最後にドルチェットです。

 みんな、午後5時に来て、12時を越えました。まあ楽しくもありました。でも、この一日で、ワイン、Pizza、サルシッチャ、ドルチェ、で今朝、体重を量ったら、何と1,5kg増えていました。まあ作業があるので、熱中症で死なないかぎり、やせてゆきますが。
 でも、たいへんな一日でいした。

2010年08月28日

2010Vendemiaは、少しおそくなりそうです。


 今のぶどうの様子ですが、これはシャルドネですね!(ぶどうの収穫のことを、イタリア語でVendemiaといいます。もちろんローマ字読みというくらいですから、そのままの発音でけっこうです。)スポマンテなどにによく使われるぶどうでして、ぶどうがおいしすぎるのが欠点です。ぶどうの収穫は、このぶどうの種が、最初です。ここ2週間の好天で一気にぶどうが良くなりました。本気で春の雨を心配していましたが、はりと、光沢と、つやがでてきました。おかげで、糖度によってきた蜂だらけになって、私は、今年もハッチの被害を受けることでしょう。
 まだ暑いので、身に布を付けたいとも思わないので、今年も、きっとやられるでしょう。
 先日、朝早く、まだ蜂が寝ている間に巣を二つほどやっつけましたが、そんな行為は、蜂にとっては迷惑な話で、私に恨みを、たくさん持っているでしょうから、ハッチからのしかえしを、覚悟しています。はちなんて、羽さえなければ、ただの蟻みたいなものですから、でも目と羽は、彼らの武器でして、巣を壊した私を覚えていると、思うのです。

 シャルドネの中で一房で、大きいものがあったので、画像を撮りました。

そろそろその収穫の準備です。
Brogalの畑は3箇所にありますが、100Haくらいで、二年前、40人で40日かかっていたので、終了まで、10月いっぱいまでかかっていたのですが、収穫機を昨年購入しました。この方がぶどうも大切に保護されるし、木も、同様に保護されるので、この機械を購入したのだそうですが、今ではなんと5人で合計で二週間で終わるのだそうです。この国では、良い労働力を確保できないからだそうです。

トラックターは、もちろんランボルギーニです。 え?
 実は、そうなのです。面白いですね?日本では、ランボルギーニと言えば、テスタロッサ!車でしょう?イタリアでは、ランボルギーニは、トラックターの代名詞です。
 スウエーデンでは、サーブがジェット機の代名詞であるのと同じです。

 ともかく二週間は、好天つづきで、9月も好天の予想です。しかし、地面からは、ジワッと水を感じます。どうやら、収穫は、イタリア中部では、いつもよりも一週間遅れというところでしょう。
画像の確認

Treviオリーブは?

 一週間ほど韓国のかたが、おいでになっていて、いっしょしていました。彼らは、英語、日本語、韓国語なので、頭の中が混乱してしまいました。自分が何語で話しているのか?相手の反応で、判断する器用さがないといけないのだ!ということがわかりました。
 彼らと、トルジャーノのぶどうとトレヴィのオリーブを見てまわりました。

もともとオリーブの木は、名木と思っていましたが、その中でも、このTreviのものは、群を抜いています。1700年以上と言われるこの木のすごいのは、(イタリアには、樹齢1700年以上のオリーブもあるのですよ。)現在も現役であることです。神々しさを感じるのです。種は、もちろんモライオーロです。

われわれの地域のオリーブは、北アフリカや、スペイン、ギリシアのものとの大きな差は、手摘みであること、つまりですから、自然であるということが、大きな違いでしょうか。
 自然である一つの現象をみました。
 そうです。画像は、ルマーカです。エスカルゴでわかりますか?カタツムリです。スローフードのマークに使われている理由が、これなのです。

About 2010年08月

2010年08月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年07月です。

次のアーカイブは2010年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34