イタリアからのてがみ: 2010年10月 アーカイブ

« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月 アーカイブ

2010年10月09日

Orvietoから、2010最終のVendemia


もう秋も深まって、そろそろやわらかい土には、シクラメンが咲き始めました。オリーブの実も、太ってきて、いよいよ収穫を待っている感じです。
期末で、しばらく留守にしていたところ、私のために、赤のぶどうのVendemiaを残してくれていたみたいで、仕方なく、いやあ、楽しみにしていた、収穫をしました。しっかり蜂もついてきているので、革ジャンで防備しましたが、良い天気で、少し暑さを感じました。

この時期になると、しっかりぶどうの表面に、酵母が着いています。ですからこれを単純に、くちゃくちゃとかき回すと、ジクジク発酵が始まってワインになってしまうのです。
酒の法律?自家製のワインを作ってよいのか?って?
よくわかりませんがみんな作っています。でも私は、日本人ですから、いけないことをしているのでしょうか?そんな!売ってないから良いですよね?おいでいただいた人以外には、飲めないものですから。
今日収穫したのは、サンジョベーゼ、モンテプルチアーノ、チリエッジョウーロのぶどうでしたが、平均で、19,2度の糖度でした。良かったですよ!糖度計の数字を、画像に収めようと、思ってポケットを探ると、カメラが、入っていませんでした。画像がありません。ごめんなさい。

もう一枚

今年は、サンジョベーゼの糖度が上がらなかったため、(夏の前半の天気が悪かったせいで)どうやら、Novelloのぶどうの構成をいつもより少し違って、メルロー60%サンジョベーゼ40%という感じになるかも?と醸造技術者のステファノと相談しているところです。でもNovelloいけそうですよ!今年も。
Stefanoが、お前!栗用意した?と聞くのです。
栗?そうなのです。Novelloを飲むときには、よく、焼き栗をいっしょに食べます。穴の空いたフライパンに栗を入れて、出来たら全体をキャラメルのように包んで、絞って、Novelloといっしょに食べます。
あまり日本では、見かけないようです。
まあ、楽しみです。Novelloの解禁が。
何時?
11月6日です。
ともかく、今年最終のVendemiaです。さあ、Novelloの輸送のための、飛行機の手配と、オリーブの収穫の準備に入ります。

2010年10月17日

Orvietoの紅葉


 Orvietoの紅葉は、うちの生垣がら始まると思っています。何の木か知りませんが、珍しく赤く早く染まって行きます。ヨーロッパの紅葉は、黄色がきれいなのですが、うちには、赤があるのです。上(Canaleの方)から来た人は突然森が開け、Orvietoが見えるので、その美しさに、Il Riposinoの前で、カメラを向ける旅行者が多いのですが、ふと見るこの生垣の赤に、驚く人も多いのです。
 黄色は、ポプラの木はじめ、多くの木が、この色を競いますが、私は、ぶどうの黄色が好きです。

 このころになると、いっせいにシクラメンが咲き誇ります。土の柔らかいところに群生するのです。最初は何の花か?と思ったのですが、というのは、シクラメンは、もっと大きなものと思ったので、あんな可憐な花とは思わなかったのです。綺麗なものです。薄紅色なのでしょうか?薄紅色とは?この色なのでしょうか?

 今日、私は、春から今まで、お客様の部屋をいろどってくれた、50株ほどのバラの花の茎を根もとまで、切りました。来年までのお別れです。春から今日までよく咲いてくれました。それでも残っている小さく結んだつぼみは、このまま外では、花にならないので、切って、一年の感謝を込めて、テーブルに飾ったのです。

2010年10月26日

お米さん

 イタリアにいるからといっても日々Pastaに、チーズもよいのですが、日本人として、育った私としては、DNAがそのイタ飯に我慢できなくなることがあって、米にむかってゆくのです。
 少し古い話ですが、Risoという映画があって、日本にも紹介されたことがあるくらいで、またリゾットと言う名前で、イタリア料理として知られるくらいですから、イタリアには、米があるのです。多くミラノの近辺で作られています。炊くという技術はないものの、価格は、とっても安価でスーパーなどで販売されています。と言っても、日本の米に比べると、全くまずいので、日本の米に飢えると、画像のような、日本米を、Romaまで買いに行くのです。一時、イタひかりという名前の日本米がありましたが、最近では、このお米さんというブランドが、良く日本人には、売れているようです。さしずめ、イタリア版、ゆきほたかでしょうか?ひとめぼれでしょうか?

2010年10月31日

そしていよいよ2010年Novelloの出荷です。


 やっと出荷をむかえました。細かく言うと、昨年より、アルコール度数は少なめでした。12%。リクエストがあったので、コルクをコルクにしました。
イタリアでは、もうシリコンが認知されましたが、日本では、コルクを使うワインは良いもの。シリコンを使うのは、安物みたいに、思われているようです。
 で今年は、コルクにしました。Prima  Sorsiと昨年から名づけていますが、これは、どんな意味?と言われると、最初ののどごし?とでも訳しましょう。ともかくジュースのようで、何とも色がきれいで、さわやかなものです。
 これ大変なのです。なぜ?もちろん飛行機で、15℃の指定をして送りますが、イタリアは、11月1日と2日が彼岸みたいな日で休みで、日本が11月3日が休み。イタリアは、書類に不備があると、どうにも解禁日に、間に合わないことがあるのです。解禁日11月6日です。
そんな、祈りをこめた出荷です。

About 2010年10月

2010年10月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年09月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34