イタリアからのてがみ: 2010年11月 アーカイブ

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月 アーカイブ

2010年11月16日

Orvietoから11月15日


 今日は、Romaから、Antonioというソムリエが、私に、ワインについて教育に来ました。主にBaroloとBrunello Di Montalcinoについてでした。地域も重要でしたが、その中の大量生産販売でなく、しっかりつくってしっかり管理出来ているところからのワインを持参してくれての講義でした。今日は、Romaのカヴェリエッリヒルトンホテルで、Duemilavini/11というイタリア中のワインの評価の決まる日で、夕方から、食は、Vissaniを招いて、全てのイタリアの良質なワインが集まる日でそのイベントの前にわざわざ、うちに来てくれました。普通、ワインというのは、レベルの低いほうから飲みながらするのですが、今日のレッスンは違いました。5歳のときから、ワインを飲んでいたので、学校の成績が、トップであったというAntonioですから、熱の入った講義でした。朝食にワインを飲んで学校に行ったので、ポリフェノールの効果で、群を抜いた成績だったのだそうで、その話を聞いたとたん、半分以上は、うそだ!と思いながら聞いていましたが、これが、ワインについての情熱はなかなかのもので、引き込まれました。ただ私は、食べ物の相性は、ワインによってずいぶん違うものだということがよくわかったのです。
 さあこれだけのワインどう処理しましょう。あしたからヨットマン、もう一人がオリーブ収穫の手伝いにきてくれますが、一週間ほどで、飲み切れましょうか?

2010年11月18日

Orvietoからオリーブの収穫!


 こんなに緑なんですよ!取立てのオリーブオイルは!すごいでしょう。日野原 重明さんに届けたい気があるのですが、知っている人いませんか?
Anche Che Buona!

今日は、晴天でしたので、残っていた40本ほどのオリーブの収穫をしました。毎年のことですが、ヨットマンが来てくれていて、収穫は晴天だったので、効率よく、うまくすすみました。このオリーブの収穫というのは、雨が降ると、出来なく、朝露のある早朝には出来なく、空を見上げながらの作業です。
 私は、終日、階段に登っていたので、足が震えています。今日のスクワットはしないですみます。

 昼は、ボンゴレPastaで簡単に済まして、夜は、ヨットマンが持参してくれたものでのてんぷらでした。油?てんぷら油!とんでもないです。もちろんオリーブオイルですよ!だって去年のものが残っているので。もちろんシェフは、ヨットマンでした。

 さて、オリーブというのは、収穫して、直ぐに油ひき工場に行きますが、雨の時期なので、まず水でとったオリーブを洗うのです。画像が下です。

それから、オリーブをつぶして、ポリフェノール満々の緑のオリーブオイルがでてくるのです。

 そして、日本でお待ちの皆様、温度を気をつけて、送るつもりです。少々お待ち下さい。
喉ごしのピリピリ感!青臭さ!ブルスケッタに、たまらないです。

2010年11月19日

Orvietoカタルーニャからの助っ人

 オリーブの収穫が、天気に恵まれて順調に行ったのです。
カタルーニャからの助っ人も来ていてくれて、オリーブの収穫のときに使った網等の片付けも、終わったので、今日はOrvietoの市(Mercatoメルカートと言いますが)の日でもあり、魚が手にはいる木曜日だったので、ムール貝、えび(これは冷凍でしたが)、イカなどのものを買うことができました。で、そのカタルーニャからの助っ人にパエリアを作ってもらいました。
 あまりカタルーニアでは、サフランを使わないようです。
 でも、「うまかったのです!」
 ただ、米を、Romaから買ってきた「お米さん」を使ったのが、少しの失敗でした。もちろん洗ってすくって乾かしてからいれたのですが、もちもち感がありすぎました。
 生ごめをパラパラと入れるだけで、ふたもしないで、なぜ、ご飯になるのか?不思議な料理です。
 ワインは、OrvietoのDOC、そして、Chianti Classicoであがりました。

2010年11月27日

忘れ物!Orvietoから!そして村田節子先生へ訪問

 すっかりオリーブの収穫が終わったと思っていました。きれいに、網も乾かしたし、整理して、倉庫にしまって、来年まで!と思っていたのです。
 昨日、犬にえさを与えに行った際に、その犬小屋の直ぐ横にあるオリーブをふと見たところ、全く手をつけていない木を発見したのです。忘れ物です。今日は、たまたま、午前中晴天だったので、早速、一人で、Duomoを見ながら、その忘れてしまった一本のオリーブの木についたオリーブを取り、Mulinoに持って行き、油にしてもらいました。
 オリーブとるときは、普通、素手かゴムの手袋をするのですが、寒いので、手がかじかんでしまいました。北と中部の山からは、雪の便りも届くようになりました。

 そしてしばらくおじゃましていない、Perugiaの村田節子先生のところに伺いました。日本の政治のこと、世界のこと、色々なご意見をいただき、いつものことですが、馳走になってきました。
 私は、Novelloと新しいオリーブと、寒いのでひざ掛けを持参しました。喜んでいただきました。

 

About 2010年11月

2010年11月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34