イタリアからのてがみ: 2011年03月 アーカイブ

« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月 アーカイブ

2011年03月08日

Il Riposinoの花! Orvieto

 ここIl Riposinoは、一年中、花に恵まれています。まだまだ春は名のみの!の歌のとうり寒いのですが、確実に春は来ているようです。もともと、花を愛でる男は、女々しい野郎だと思っていましたが、客観的に自分を見ると、たしかに私は、女々しい男なのです。
 が、以前は、花と言うとバラと桜とチューリップくらいしか、知らなかったのです。
しかしここOrvieto来てから、いつも花が咲いているので、花の名前を知ることになりました。

 ぼけがさかりをむかえています。その根元にあるのは、すみれです。
スミレと聞くと、母がよく宝塚歌劇団のことを言っていたことを思い出します。すみれを検索するとたくさんの種類のスミレが見れるのですが、うちのスミレはどうやら、日本のポピュラーなすみれのようです。
香りがあると言うのですが、?感じません。
 下の画像は、すいせんの下にすみつくスミレです。すいせんはまだ開花していません。

 そして、ここイタリアでは、なくてはならないものの花が、さかりを迎えています。さあ?何でしょう?
それは、ローズマリーノです。今が花の時期なのです。

 そしていよいよ明日は、3月8日で、女性の日です。イタリア中の女性が、ミモサの花をもらう日で、全てのレストランは、女性で埋めつけられます。もともと、全てのことに、口を挟む女性の多いここイタリアに、何故女性の日があるのか?よくわかりません。かつて女性が、しいたげられていたことが、この国にあったのでしょうか?
 まあ!でもその女性の象徴がこのミモザです。大木になります。日本ではあまり見かけることがありませんが、この時期、野山を見渡すと、黄色の大木がたくさん見ることが出来ます。
 そのミモザです。多分日本では、今の時期、杉の花粉で病んでいる人が多いことと思いますが、このミモザもたくさんの粉を出すものと思えるのですが、イタリア女性は、そんなこと無頓着で、スーパーでも、どこにでも、このミモザを持って、誇らしげに、今日一日は、ハンドバックにも、見えるように出して、胸を張って、かっ歩しています。

 この日、私は何をしているかと言うと、カダフィーのせいか?それとも、ユダヤのせいか、急激に高騰した小麦のために、Pastaが順調に生産されないため、そのいくつかの工場に直談判にゆくことになっているのです。

2011年03月19日

がんばれ日本!トスカーナ州モンタルチーノ村から!

 Montalcinoの役場前のBarのレジの前です。トスカーナ州のこんなに小さな町で、このポスターを見かけたのです。

 今朝もOrvietoの学校の前で、日本の地震と津波の被害の募金活動をしている人に会いました。
さきおとといも、Romaで、同じように、募金を募っている人に会いました。
 すごいです。
 海外で生活している日本人が日本のことを思っていることに感動を覚えるのです。

 このMontalcino村に、Maurizioという人がいて、その人に、会いに行ったのです。そして、用事を終え、Cafeということになり、お嬢さんと奥様のやっているBarに行ったら、このがんばれ日本を見たのです。

 この近くにもう一人会う人がいて、その人に会って、その後Buonconventoというこれまた小さな町の小さなOsteriaで食事を楽しみました。食事を終えると、四方さんという京都出身のシェフが挨拶に来てくれました、彼の言うのには、「何も出来ないのですが、ここでこうして生きてゆけるのも日本のおかげ、仕事以外の時間は、全力で、募金運動をしているのだ!」ということです。Montalcino村のポスターは、彼の仕掛けだったのです。
 そういえば、Romaの募金も、Orvietoの募金案内もたしかに全てが手作りでした。私はイタリアに、生きる日本人は、日本を捨てた人たちか?と思っていたのです。しかし、そうではなかったことに、大きな喜びを感じたのでした。
 
 私も、微力ながら、今日はRomaのその募金運動に参加して、明日、混乱の日本に向かいます。
パイロットさえ嫌っている日本へ!
  私は日本人!

About 2011年03月

2011年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年02月です。

次のアーカイブは2011年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34