イタリアからのてがみ: 2011年10月 アーカイブ

« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月 アーカイブ

2011年10月08日

Orvieto2011秋 

 シクラメンが咲きました。これは、そろそろオリーブの収穫だよ!という時期告げ花です。このシクラメンは、この時期から12月の半ばまで、けっこう長い期間、やわらかな砂地や、あまり犯されていない森に群生して咲いています。Il Riposinoの敷地にも、3箇所くらい咲きますが、群生というには、およんでいません。これは、門の前に咲いたものです。

 
 しばらくIl Riposinoを留守にしていました。
 夏から、夜になると、出没するいのししの被害にあっていて、ぶどうは、収穫してしまったので、よいのですが、秋になって、芝が伸びてくる時期に、全部その伸びてきた芝を、はいで、オリーブの根元のきのこやめめずを食べて行くのです。はいだものを、元にもどしても、翌日再度はいでいるのです。バッテリーで、電流を流して、このいのししの被害を防ぐ方法や撃ってしまう方法が、あるようなのですが、少しかわいそうなので、まだ、やっていません。でも、迷惑な話です。

 そしてそして、道路沿いの松の木の根っこが、マッザピエデイーという石とセメントで固定した門を持ち上げて、門が開かなくなってしまいました。弁護士を通じて、市にこんなわけで、直して欲しい!という申請を上げておいて、返事を待っています。でも直ぐに返答が返ってくるわけないし、しかし、お客さまが来るので、仕方なく、修理を優先させています。巨大な松というのは、夏枯葉が、樋を埋めるし、その枯葉は、するどいし、そして、夏は、全部が、乾燥しているので、燃せないし、始末に困るものなのです。自分の松なら仕方ないけど、門の前にあるつまり役所の松の根によっての被害は、困ったものです。日本ならすぐ処理してくれるのに!と、思いつつ、作業を見つめています。


もうすっかり秋です。
朝の気温は、何と5,5度Cにもなっています。もちろん、寒いのです。

そろそろ、オリーブを摘む準備をしないといけません。
誰か?助けてくれませんか?

2011年10月24日

10月中のOrvieto

 寒くなりました。この国では、突然何かが起こるのですが、パソコンで生きている私にとっては、通信状態が不安定なことは、非常に多くの障害があります。電気屋さんのMaurizzioを何度か呼んでみてもらい、やっと、順調になりました。元に戻りますが、寒いのです。朝、ときには、0度になります。寒がりの私は、絶えられなくて、敷地内で切った木では足らなく、木屋さんにお願いして、木を購入しました。◎クロのヒートテックがあるわけもないので、家の中を暖めることしかありません。ももしき?もちろんもうはいています。

 家の中の暖房は、暖炉とストーブですが、ともに一年に二回くらいは、煙突の掃除をします。これがけっこう厄介なもので、屋根の上に登って行う方法と、下から行う方法があります。Elioとの協同作業だったので、下から行いました。

 家の敷地には、かしの木が多いので、しかし、直径45cm以上のかしの木は、許可がないと切れないのですが、倒れたものなど木を暖房のために使っています。松の木も多いので、使ってみたら、ひどい思いをしました。そうです。燃えるのは、見事に早く燃えるのですが、やにが、煙突に着いてしまうのです。困りました。
で、

こういう形になるのです。この積み込み作業も、上腕二とう筋を使う作業です。

2011年10月25日

Novello2011の出荷です!

 毎年この時期は、何しろ11月1日と3日が日本の祭日で、italiaga飛行機の手配や、ボトリングの順番やで、てんてこ舞いです。

 まあ、でもおかげで、一番のボトリングになりました。この国では、シリコンのコルクがもう認知されていますが、まだ日本では、コルクをワインに使っていないと、安物みたいな印象があるのです。で、うちのものはコルクを使わせていますが、作業する者は、面倒なのでしょう。だから私が、いちいち立ちあわないとミスがあるのです。
 今年は、メルローを70%サンジョベーゼを30%として、幾分昨年に比べるとアルコール度数が高く、12,5%になりました。味?もちろん抜群です。

 出荷のたびに、手を合わせて、無事に着く様に祈りますが、このNovelloは、一つ間違うと、解禁日に間に合わないので、特に強く手を合わせます。でも、出荷です。
解禁日11月6日です。

2011年10月30日

オリーブの収穫!Orvietoから

 土のやわらかいところに咲いたシクラメンに、早く取れよ!と言われているみたいで、空を仰いで、ネットを、乾かして、ついに、収穫をはじめました。この作業は、はしごを地面とほぼ90度くらいに、つまり、鳶の人がはしごのりするみたいに、立てて、オリーブの木を持ち、バランスをとりながら行う作業で、一日行うと、手は、手首から肘までの筋力を使い、足が足首からひざまでの筋力を使うので、翌日その部分に痛みを感じます。
 作業中は、手でしごくときの手に伝わるオリーブの実の軽いコロコロという感じに快感を覚え、、見上げた空と谷を経た、OrvietoのDuomoの威容に、「こんな景色、テイベリウスも見たかな?」などと、2000年も前に想いを馳せると、つくづくここは、実に良いところだな!と感じるのです。
でも、テイベリウスの時代に、Duomoはないや!

今日から冬時間になり、日本との時差が8時間になりました。こうなると、日が短くなったと感じるのです。ながい冬が始まります。

そして紅葉です。

About 2011年10月

2011年10月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年09月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34