イタリアからのてがみ: 2012年09月 アーカイブ

« 2012年08月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月 アーカイブ

2012年09月01日

熟したのですが!

 もういよいよ収穫の時なのですが、例年に比べて粒が小さいのです。みな空を仰いでいます。ふれふれ坊主もないので、ひたすら時を待っています。
 念願の雨が、昨日、雷を伴ってあって、葉にしずくがついていますが、動物、植物のすべてが、雨の到来を待っています。雨が降ると確実に実が大きくなるので、Vendemia(ぶどうとり)の効率が良いのです。
 何しろ、乾いていて、空から見るイタリアは、アフリカのようです。

 これは、チリエジョーロという種類ですが、食べるとおいしいのです。種の周りに、果汁がついていて、もうわからない人が多いのですが、50年も前のぶどうを思い出します。

 収穫の画像を待たれていますが?いつになるのでしょう。私は、作業で背中を痛め、Pariに鍼に行こうと思っています。

2012年09月07日

もう紅葉?


 待ちに待った雨が来て、あれほど乾いていた大地に緑がもどりました。ところが、この夏、あまりの暑さと乾燥で、死んでしまった木がたくさんあって枯れてしまったものが、画像のとおりに、紅葉のごとく見えるのです。
あっという間に秋が来て、若さを誇る若者たちは、焼けた肌を競ってはいますが、寒そうでもあります。そこは、イタリア人!寒そうには見せていません。ゆく夏を惜しむのにも、苦労が必要です。
 私は、何とかの冷や水という言葉もありまして、今日から暖炉に火を入れました。リスの動きも激しくなりました。クウエルチアという木(かしの木)がたくさんここには、あって、どんぐりがたくさん出来るので、それを目当てに、リスが集まるみたいです。また、チンギアリ(いのしし)も、出てきています。例年より早い気がします。もうプールにも入る気がしません。

 こうなると鍋ですね?昨日Vissaniの森シェフが来ていたので、アイデアを聞くのだった!などと思いながら、火を見つめています。あ!豚のカッポコッロがありました。日本語では、Capocolloと書いて豚の頸肉と辞書に書かれてあります。じゃがいもとじっくり煮込みましょう。
 その前に暖炉の掃除を!

About 2012年09月

2012年09月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年08月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34