イタリアからのてがみ: 2012年10月 アーカイブ

« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月15日

Dubrovnik

 人から、「ブログ拝見しています。」と言われ、キーボードにむかう手が重くなりました。
 所用で、クロアチアからボスニアに入り、一度は行きたいと思っていたDubrovnikに行ってきました。ザグレブから南下の旅で一週間でした。クロアチアに世界遺産の多いのには、驚いたのですが、美しく自然に、あふれる良い時間でした。近年の歴史には疎いのですが、Roma帝国の歴史、ハプスブルグ家の歴史、ラテン語、ら少し知っていて良かったと思ったのです。

 ユーゴスラヴィアからの独立で、よくもまあ、クロアチアという国は、ヨーロッパで最も美しいと言われるアドリア海の右端を取ったものだと思っています。画像は、Dubrovnikの展望台から見た町全体です。
二日ほどDubrovnikにいましたが、二日目には、何かデイズニーシーみたいで、(行ったことないのですが)すべてが観光客相手の店や人でしかも大型のクルーザーは、3000人とか4000人の人を運ぶので、入港すると、肩が触れるばかりになるので、ヨーロッパの田舎の独特なのんびりとしかも誇り高くみたいなところがないことに興ざめしたのです。
 でも、城壁を出たところのレストランで、「何かない?」と聞くと、ほたてがあるというので、頼むと、これがサフランライスにソテーのほたて、わたをベースのペーストでその上に、黒トリフが4枚ほど乗っていて、オリーブオイルがサーとかかっていて、食すると、絶品でした。すかさず、みなに聞き、「スプパンテ」というと「ない」という返事。でも「シャンパンがある」と言われ、頼むとCava。でも、絶妙のコントラスト。食に酔いました。
 Orvietoに戻ると、入り口には、もうシクラメン。

ということは、そろそろ、そうです。オリーブの収穫!
見てみると、これは、アスコラナという塩づけによくするものですが、こんな状態です。

 でも今日は雨です。

2012年10月20日

Novello出来た!   そして!新オリーブも。

 今日午後やっとNovelloが出来ました。解禁日が一週も早くなって、今回は、本当に苦労しました。ストレスで3kgほど太りました。

 もちろんこれからフィルターをします。そうすると色につやが出て、ルビー色が輝くようになるのです。Bastiaでの試飲ですが、サンジーベーゼとMerlotの率は、50%50%にしました。もう少し出荷までに時間があるので、ぎりぎりまでワインを休ませますが、なんていうか、まあうまいのです。とくにあまりワインを飲まれないかたに、すんなり入ってこれる味です。私はこれから出荷です。飛行機の枠取りはすでにしてあるのですが、27日28日が税関ができないので、日本に着くまでは、ストレスです。もう2kgほど太るのでしょうか?

 続いて、オリーブです。Treviのオリーブは何しろ定評があって、良いものですが、その決め手の一つを見ました。ほとんどのイタリアのオリーブの収穫は、ネットをその地面に広げてとって集める方法ですが、ここでは、木の根元を中心に傘をおちょこに広げて取り、実を地面につかせないで集める方法なのです。私はこのTreviのMulino(油ひき工場?)のおやじに勝手に名前を付けたのですが、Babbo Di Trevi(トレヴィのおやじ)が,その彼が、「うちのは、車でいえばフェラーリほかのうちのは、チンクエチェントかPanda」 と豪語している少し青臭いのど越しの辛い一番搾りは、イタリアの一つの楽しみです。おちょこ?知らない?調べてください。
 ほとんどのイタリア人は、これをもちろんブルスケッタにして食べます。

 もちろん、手でも取りますが、体にカンガルーのように袋をつけて手で取ります。一日に人によっては、これで100kgも取るとか。何しろ地面につかせないうちに取るのです。それが、イタリア一と言われるひとつの理由です。

今日は天気も良く収穫日には、適した日でした。

 たくさんの人がこれを求めてここTreviに買いに来ていました。しかし、これが本当の一番搾りなのですが、今日の午後から売りに出すとか。本当は一週間ほど、少しの苦みがあります。天候次第で、収穫が出来てきます。雨季のはじまりなので、良い天候が続くことを祈ります。

しかし写真がうまく撮れない。光線かな?今日の光が強かったからでしょう。もう少し研究します。ごめんなさい。

2012年10月24日

12 Novello Loading

12年 ようやく出荷です。夕べRomaのサルデーニャ料理の店に行ったのでRomaでした。そのRomaから出て、町中の朝の渋滞を抜けるのに苦労して、おまけにTerniからPerugiaへ抜けるのに、深い霧でこれも苦労して、Bastiaまでの180kmになんと3時間かかりました。
 いつもの年のように、無事到着を祈って、手を合わせました。ワインの色もフィルターをかけ輝くようにきれいになりました。

このNovelloですが、日々 味が変化するのです。ご存じですか?今より東京に着いてからのほうがうまいのです。
誰が解禁日を変えたのでしょうか?もっと早く!と思っていたら、もうずいぶん早くに決まっていたようです。でもイタリアでは、その解禁日を祝うということもなく、もっぱら日本だけのようです。
 私の祈った相手の画像です。

 もし、これ明日の飛行機だろう?Romaまで事故にでもあったら?とChiaraに聞くと、「そんなこと考えない!」と言われ、でも祈りました。無事に通関を済ませることまで。

 BastiaからOrvietoまで80km走り、アスコラナという種類のオリーブをとり、(ここのところの晴天で、一気にオリーブが熟しています。)塩漬けを考えています。それから車の免許証の更新に手続をし、ささやかに、夜は、お祝いしました。

 何といっしょに?ですか?新オリーブのブルスケッタがあれば十分です。でも、Novelloには、やっぱりプロシュート、焼き栗ですか?
 日本で新米を食べるというのと同じ意味でしょうか?見事な味です。至福の瞬間です。
でも、私は明日早朝、5時間54分かけて、トリノでSalone Del Gustoがあるので、出かけます。ときどき、自分でもよくやるな!と思うことがあるのですが、今日もそんな一日でした。

2012年10月26日

Salone del Gusto

10月25日から4日間 トリノのFieraで行われました。
 多くの人が集いました。日本の食はじめいろいろな国からの食が入っていました。

 トリノまで来ると、体が大きくなって、髪も直毛になって金髪が入ってきます。イタリアは、大体外見で、中部か南か北かがわかるのですが、中部に比べて、服装もしっかりしているし、仕事もまじめ風で、やっぱり北だなと感じさせられます。列車もFirenzeまでは、15分くらい遅れましたが、そのあとのFreccia Rossaは、予定どうりの到着で、Ipadも順調で、まあこれがなかったら、仕事にならなかったのですが、よい旅でした。

 ところが突然日本からの電話で、Novelloの飛行機にうちの商品が載ってない!という連絡がはいて、Nervosoになって、一気に電話のやり取りでまったくSlone Del Gustoどころでなくなり、必死の攻防をしました。ここまで準備すれば、完全だ!という自負があったことなので、ショックはおおきなものでした。
 結局、翌26日の午前中に成田に着き、通関を済ませ、何とか間に合いました。
 ストレスで、いくら食っても満腹感がなく、非常にきつい一日でした。
終わりよければ、すべてよしという言葉はありますが、何しろ、順調に行くことが、ふつうでない国なので、でも、良かった。といま、胸をなでおろしています。

祈りが不足していたのでしょうか?今度は数珠でも、持って祈りましょう。

12オリーブの収穫です。Orvietoから!

 今年もヨットマンがアメリカから来てくれました。ところが、強烈な乾燥で、実が極度に少ないのです。昨年の十分の一という感じです。このまわりの人たちも同様なようです。しかし、一つ一つの木を見てゆくと、まあ、あれだけの乾燥によく耐えてくれた!と撫でたくなる想いのほうが強い感じです。
 ここIl Riposinoでも、松一本と杉一本それに入口のある丸い木がダメになりました。松とか杉とかは、普通枯れないものと思っていました。

この画像紅葉ではなく、枯れた杉です。これだって樹齢50年は、経っているでしょう。そうすると、50年に一度の乾燥だったのでしょうか?

 オリーブは、木に囲まれている木には、少しついているという感じです。直射日光に直接あたったものは、あれだけ春に花が咲いたのに、実にはなりませんでした。今年のオリーブは、私のようです。「花は咲いても実にならない!」え?花もなかった?
 来年を期待しましょう。

この時期、空を見ながらの収穫で、雨が降ると、ネットをしまい。陽が出て乾くのを待って出すということの繰り返しです。でも喜びもあるのです。はしごに乗って、決まってその木の一番高いところに位置したとき、Duomoを望む位置に立つと、想えば遠くへ来たもんだということと、少年の時に想い、忘れちゃった夢に巡り合えるような気がするからです。どんな????
 
 まあ、Novelloのお祝いにほんの少しの期間日本に行きます。その時に持参するくらいの量にはなることでしょう。

2012年10月28日

ついに冬時間


 昨日の午前3時に午前2時にするのです。私は、Novelloのことで、夜も昼もないみたいな日々でして、でも冬時間になるということは、一時間前に進むものと、思っていて、朝の6時にRai5というTVで15分間同じことを繰り返す番組があるので、そこにTVを入れてはじめて、一時間遅れることが分かって、驚いたのです。
 いよいよヨーロッパは長い冬の時期になって行きます。日中の時間が短くなって行き、なんとなく、ものがなしくは、ないものの、気分は沈みます。ただ良いことは、雨が来たため、大地が、新緑になっていって、そのくせ温度が高くないので、芝刈の必要もないのです。
 以前おいでいただいたあるお客様が、「冬のヨーロッパは、緑ですから!」としなを作って言われたときに、あーこんな方もおいでなんだ!と感心したことを思い出しました。また、秋の食べ物は、あげればきりのないことで、とくにポルチーニ、クリ、野菜も豊富になってきます。まあ、沈んでもないですね!目に優しい緑があり、Novelloがあり、ポルチーニがあれば。

2012年10月31日

寒くなりました。


 今朝は、7度くらいですが、昨日は2度Cでした。山から雪のたよりも聞こえてきています。NovelloをRomaに届けるA1のオートストラーダからも、雪山がみえるようになりました。もちろん、私は、ももしきに、ほっかほっかかいろです。家のまわりでは、ばらが大きくなりました。花の時期ももう最後でしょう。あれほど乾ききっていた大地にうるおいがあるようになりましたが、寒いのです。

 ねえ!これ自分で作ったというのが、すごいと思いません。中古の電子ピアノに向かう目に、こんな花もいいです。

 オリーブの収穫も、朝、手がかじかんでいて、私は手袋を使いますが、その手袋が、薄いゴムなので、陽が当たらないとなおさら冷たく感じるのです。でも、味が安定してきたので、出荷準備です。

 年内に日本に着くことを目指していますが、何しろ、この国では、当たり前のことがあたり前に行かないので、祈りましょう。

少しいっぱい架電しました。少し休みます。

About 2012年10月

2012年10月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年09月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34