イタリアからのてがみ: 2013年03月 アーカイブ

« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月 アーカイブ

2013年03月05日

今年の冬!Orvietoから。

 どうやら、例年のごとくですが、今年のOrvieto、一度軽い雪にあったくらいで、冬が終りそうです。でも、その軽い雪の日に、ここIl Riposinoでは事件がありました。

 その軽い雪に滑ってプールの上のところに、かわゆい小さな車が飛びこんできたのです。幸いこの車、ちょっと持ち上げると、起き上がりこぶしのように、横になっていても簡単に起こせて、ごらんのとうりのふつうの形になっちゃう面白い車です。どこのメーカーなのでしょう。日本のもの?と思っていたら、これは電気の車で、免許なくても乗れる車だそうです。イタリアには、免許がなくても乗れる車が何台かあって、免停になった人や小生意気な少年が、乗る車があるのです。その一つのようです。まあ、50ccの車と思っていいと思います。ともかく、ドライバーにけがもなくすみました。朝の出来事でした。ハンドルを握っていたのは、上のPoranoに住む少年(小生意気な?)で、親御さんが来て、塀は直すからと言って、帰ったのです。

 イタリアでは、自分の責任で、ひとの家を犯しても、完全に治してくれるのは、当たり前ではないのです。でも幸い、うちでは、車が突っ込んできて、2週間ほどたった一昨日から、工事をして、今日までかかって終えました。

 まあまあ良くできました。工事は、アントニオとセルジョというウクライナ人でした。ウクライナ人らしく、顔は泥棒みたいですが、心は優しいOperaiでした。私はすかさず、D’Oroという木を8本植えました。 イタリア語では、金という名前の木ですが、肉を煮るときに使う葉っぱの木です。私は、何しろ植物の名前にうといので、ちょうどおいでになっていた日本の方と台湾の方にその名前を聞くと、日本では、ロリエという名前の木だそうです。強い木なのです。雨模様なので、濡れながら、塀の横に植える作業を行い、、Elioといっしょに、ばらの剪定もしました。あした天気なら、イノシシで穴だらけになった、芝を手入れしましょう。

 春になる前に、やることたくさんです。
 でも、スイセンのつぼみ、ぼけの花!そして緑、鳥のさえずり、春は、もうすぐです。

2013年03月09日

Festa Della Donna! 3月8日

 春に近くなって、ふもとのミモザが色づきはじめました。私は、少年の時代から、ほこりなどに弱く、ミモザという花は、黄色の粉の塊みたいなもので、近づくと、直ぐ、鼻がむずがゆくなり、きらいなのですが、今日3月8日は、イタリアの女性は、必ず、このミモザの花をもらう日です。この日の由来はよくわかりません。

私は、義理チョコならぬ義理ミモザをミケーレ用に準備しました。ミモザの下には、キャンデイーが入っています。これ以上イタリア女性は、強くない方が良いと思うのですが、今夜のレストランは、日本のレストランの昼時のごとく、女性だけです。
 ミケーレは、イタリア人ではなく、ルーマニア人でした!

 ところで、私は、少し料理をします。つい先日まで、台湾のお客さまがおいでになっていて、何とからすみを、みやげでもらいました。

 立派なものでしょう?大きさを見てもらうために、たばこを借りて、撮影しましたが、すごいでしょう?
大根があれば、サンドイッチにしてオリーブで食べようと思っていたのですが、ないから、セロリですね!
Pasta?もいいですね!こんなの日本で求めると、一個20000円くらいするでしょう。宿代もらっていいのかな?また、奥の缶は、お茶です。このお茶もピンからキリまであるものですが、良いものです。

 しかし、今夜は、豚のフィレのところを肉屋に行って自分で指示して取らせたので、とんかつを作りました。棒のようになっているはずのフィレが、キッチンに立ってみると、周りの肉まであって、それを、また包丁で吟味して、オリーブオイルの古いので揚げ、レモンを絞って薄口の醤油で食べました。フィレに甘みがあるので、ワインはVeronaのアマローネの1997年の良くできたものを、1000本確保してあるという人から分けてもらったものを合わせました。

 この記事を見る人は、ごく限られた人でしょうが、少し意見があります。人は食べるために、生きているのに、今の日本、あまり食事を大切にしていないみたいに感じます。日本には、いつでも食べれる、安くてうまい!コンビニ、やファーストフードがありすぎるからでは?コンビニ、ファーストフードは誰が、食べても誰も喜ばないのに!また、日本ぐらい、バラエテイーに富んだしかも季節ごとに、とびきりの食材と良いものがそろっているところはないと思うのに、簡単に出来る、甘くて、やわらかくて、のど越しの良いものばかりがスーパー等で、目につきます。しかも、有名なシェフのレシピーやただ温めるとそれと同じものができる?自宅で、日々帝国ホテルのシェフの味?これも時に疑問をもちますが、日本、作る人が、食べる人を想うという作業をしているのでしょうか?と思う瞬間がときどき、わが日本に行くと思うことがあります。
まあ、今日は、私は私を想って、自分で作って、満足できる夕食になりました。ナルですか?でも、着る物や、住むところ、もちろん制限がありますが、食べることには、妥協しない方が良いのでは?エンゲル係数は高いほど豊かな生き方(La Bella Vita!)だと思うのですが?

2013年03月12日

Mario Luigiとの遠足!Terni


 彼の運転は、僧職の身だから、きっとゆったりしたものと思っていたら、やはりイタリア人、早いのです。その車内からの画像なのでしっかりしていませんが、ウンブリアのナイヤガラです。今土曜日と日曜日に、水を出しているのです。今日は月曜日しかも雨模様!また、まだ完全に慣れていないカメラで焦点がはっきりしません。Terni県です。

でもMarioと言えば、なんといってもロックでしょう?誰も登っていませんでした。それでも休日は、ここに100人ほどの人が集うのだそうです。人口のロックも、(なんていいますか?)ここではランピカータといいますが、日本人頑張っているのだそうです。私は、無理です。彼からは、以前からするめられていますが。

Marioの息子のアルヴィーセファミリアです。小さな座禅堂を持つ、いかにもいかにもという家です。周りを山に囲まれた自然だらけの、場所にありました。

これが国際案内人のワッペンです。彼「これがワッペンだよ!」「俺も持っているけど!」「そんなこというなよ!」「あなたは有名な人なんだよ!みんな知ってるから俺だって知っている!」と返したのですが、やっぱり彼もイタリア人です。
まあ、よくわかりました。たしかに、山に行って、「行列の中で何を感じるの?」と半日言われ続けました。
 さあ、どうまとめて、提案しましょうか?ロッククライミングでもよし!2000m級の山でもいいし、ハングライダーでもドラフテイングでもいい、ローマ時代に作ったナイヤガラを見て、2000年前を想う、これもいい。また豚がとびっきりのノルチアなのです。
 でも素敵な半日でした。彼いいな!日本でいうと高倉 健みたいアメリカでいうとクリントイーストウッドみたいな感じです。

About 2013年03月

2013年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年02月です。

次のアーカイブは2013年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34