イタリアからのてがみ: 2013年04月 アーカイブ

« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

2013年04月 アーカイブ

2013年04月10日

2013Vinitaly

 Orvietoの駅員から「どこ行くの?」「Verona!」「何しに?」「ジュリエットみつけに!」というスタートから今年のVinitalyへの旅が始まりました。

 この期間4日ほどですが、Veronaは、宿なし、レストランいっぱい、タクシーいっぱい、しかもストライキの時期に入ってきて、混乱する場所なのです。で、私はここのところMantovaに宿をとっています。今回も、行きにトラブル、大体Orvietoから6時間くらい列車でかかるのですが、Firenze、Campo Di Marteという駅まで普通でいって、早い列車にのりかえて、Verona Porta Nuovaという駅に行き、Mantovaまで普通で行く予定でした。早い列車が20分遅れて、乗継時間がなかったため、あらかじめ、列車の出る4番線に急行するとだれもいない。あれ?と!そこに、初老のあきらかに駅員とは関係ない人が寄ってきて「、Mantova行くの?」「そう!」と答えると、駅出ると二台のBusが待っているよ!」というので、行くと、典型的なイタリアの若者が運転手で、「これMantova?]と聞くと、「Sei Bravo!]だって!
 イタリアでの列車の旅は、初めての旅人は無理ですね!ここでは、バスが列車の振り替え輸送することよくあるのです。アナウンスがあっても、イタリア語ですから。で、宿のMantovaまで6時間半ほどかかって到着しました。ところが、この日林ブラザーズの店は予約できませんでしたが、Teverna CinquecentoというところでVeronaから来る人と会食の予定だったのですが、列車がないので、これもなくなり、キャンセルとなりました。

 会場はいつものとおり混雑をきわめていましたが、今年も、日本人目立たなかったですね!中国人も少なかった。東洋人嫌われているのかな?

会場の一角に面白いものを見つけました。

 これをわかる人は少ないとおもうのですが、ワインからグラッパを大量に作る機械なのです。普通小さなパーテイーでは、初めに入れておくと、Party終了時に、グラッパが出来ている!というのは、多く知っていましたが、こんなにでかいのは、私もはじめてです。
 
 9時半に会場があきますが、いきなり飲み始めますので、もちろん口に含むのですが、少しは飲みます。胃に入りますよね?そして、交通事情が(列車があてにならないので。)多くのイタリア人は、かなり遠くから、車で来ます。そうすると?運転は?

 ほぼ全員が飲酒運転だと思うのです。それを警察官がこのように、誘導するだけなのです。日本の取り締まりをするとこのVinitaly4日間で100億円くらいの税収になるのでは?と考えていました。

 ところで、円対ユーロ困りました。自国の通貨を下げるということを何故国の長が考えるのでしょうか?しかも日銀まで!送っているものにとっては、申し訳なくて!30%上がっているんですよ?
 日本の産業は輸出だけではないのに。

まあ、2013Vinitalyでした。

2013年04月12日

春の海! Orvieto


 高校のときに、芸術という時間jがあって、音楽を選択して、宮城道雄の「春の海」と彼の生涯を、聞いたことがありました。まさに今ここは、そんな時期です。
 
 ここIl Riposinoは、敷地が2Hほどあり、草刈りに、2日はかかります・トリンチャーというものに、トラックターを着けて刈る方法と、手で刈る方法と、芝刈専用の車と、はさみを使います。何もしなくても、ごらんのとおり、花畑になるのです。

 ハイジを読んで、干し草のベッドというものに興味を持った時期がありますが、ここにきてこの時期になると、それがわかります。
 自慢の上腕二頭筋も、パンパンに張って、腰に痛みを感じています。
 
少しの喜びもあります。イノシシの被害にも会わずに、しっかりこの時期までまっていてくれた、Tulipanoが顔を出してくれます。

 カメラうまくなった!という人がいますが、カメラを変えただけです。

2013年04月19日

続いて春 Orvieto


 上腕二頭筋だけでなく、大胸筋も、張っています。今、もしどこかで死んで、死体解剖されると、「筋肉の発達は、ジムで出来た体にあらず。農業従事者と思われる。」などのコメントが出るでしょう。ともかく私が体をはって、できた庭です。疲れたので、ハンモックで休んで、直木賞・芥川賞でも読みますか?しかし、人間の体というのは、すごいものです。日々草刈り機20kgほどありますが、半日は、持ち歩いていましたが、5日目からは、重さを感じません。手もごつくなりました。飯も旨さが増します。
 
 私は、うまくないですが、料理も楽しんでいます。つぎの機会には、凝っている料理紹介します。

 ブドウの下の草を刈らないのは、乾燥で、根を枯らさないためです。農薬を使っていない証拠でもあります。左は、刈り取ったオリーブです。これを、朝、風のないときに、燃やすのです。このPotaturaという剪定の作業で、冬の収穫量が変わるのです。オリーブに重要な作業です。

 Upupa(ヤツガシラ)が戻って来ました。この鳥は、歩くたびに特徴ある冠と頭を大きく動かしながら、そして飛ぶときは、大きなぶちのヘリコプターです。よくタカや鷲に食べられないのか?と思うのです。よなきうぐいすも来て、夜もにぎやかに歌っています。

 ブドウは泣いています。でも、もう泣きつかれてきていますので、泣き止みます。冬たくさんの雨が降ったので、涙の量は、例年より多かった気がします。

 この時期、山菜も豊富です。タラの芽が出ています。もうすぐ、わらびです。そしてなんといってもイタリア人の多くがこの時期に収穫に行っているのが、このアスパラです。

 野生のアスパラは、香りが違うのですね?日本にありますか?私は、Romaのアジアンスーパーから買ってきた米とのりがあったので、のりまきにしました。Buono!でした。

 そして、さくらです。Il Riposinoには、5本のさくらの木があります。一つは私がもってきた、吉野のさくら。あとの残りは、さくらんぼのさくらです。

 このさくら老木で、満身創痍で、というのは、冬の間はきつつきに巣を真ん中に空けられ、今は出始めたありの巣に狙われているので、今年は、私が、ありよけの薬をこの老木の周りに撒きました。

Tulipanoも終わりです。短い命です。でも晴天の日々で2週間は、楽しませてくれました。昨年10月に植えたものは、全部出ました。
 Orvietoここのところ二週間晴天が続いています。土曜日に寒さが来るとか?
 Orvietoの春です。
 来週わらびを取りに行きます。

2013年04月24日

食 Slow Food

 何しろSlowFoodですから今の時期、ちょっと出ると、

こんなもので、5分です。流しに灰と熱湯をかけておくと、朝おしたしが出来ます。また、自然のアスパラも森に入るとたくさんあって、多くの人がトリフを目指して行って、とれなくて帰りにアスパラをとってきます。今日も届けてくれました。で、

また、昨日は、

こんなものです。
ここへ来るまでは、アスパラが自然にあることを知りませんでした。知らないですよね?

 そういえば、最近ここでも生の魚が手に入るようになりました。

 ただ売っている者が魚知らないので、注意してください。みりんしょうゆねぎでづけドンといきますか?
 粋でしょう?
 

2013年04月25日

Pasta Freddo(冷たいPasta!)

 暑くなると、Pastaも熱いものでないのが人気になります。私は大したものを作れませんが、この記事を見ている人が少ないのと、その見ている人が、意見を言えないのが、私にとっては幸いで、今GianGranco Vissaniになったつもりでキーボードをたたきます。
 サルデニアに行ったときに買ってあったボッタルガ(からすみ)がありましたので、すります。

つぎににおい消しでねぎとたまねぎを切ります。

次は完熟のアヴォガドを用意します。
つぎは、

つぎは、

これは、トマトの皮が少し硬く感じたので、皮むきました。
そして、オリーブオイルでかき混ぜます。

で、ゆでたPastaをただ加えます。火は通しません。味は、塩を強めにゆでた場合は、ゆで汁で調整します。そして盛り付けるとこうなります。ワイン?今は、自家製のチリエッジョウロとサンジョベーゼで作った無SO2を飲んでいるのですが、そうですね?これには、ピーノグリッジョが良いと思われます。

そして、アヴォガドと魚の相性が抜群なので、からすみの代わりに、サーモン、でもいいですし、トンノ(ツナ まぐろ)でもバッチリです。
Pastaは、もちろんMaiellaのブロンゾのスパゲット、オリーブはもちろんTreviです。
 調子にのりました。
イタリアでの冷たいPastaというのは、熱くないPastaという意味なんですね!

About 2013年04月

2013年04月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年03月です。

次のアーカイブは2013年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34