イタリアからのてがみ: 2013年09月 アーカイブ

« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月 アーカイブ

2013年09月09日

すべての動植物が悲鳴をあげています。

 8月からの高温と、乾燥にです。イタリア中部では、毎年8月15日を過ぎると、雨と涼しさが来るのですが、今年は、連日33度を超える暑さで、一度さっと雨が降っただけでした。

さくらです。サクランボのものですが、葉がしなってきています。

わが最愛のオリーブもだいぶ枝を落としています。また多くは、実を落としています。
ところが、

 ぶどうは、「みんな根性ねえな!」とつぶやきながら、今をさかりと、生きています。赤の表面に光がでてきました。白は、少女の肌のように、透き通って、きました。
 そろそろ、糖度計でも用意しましょうか。

どうやら生き残ったようです。


  百姓の知恵というのは、すごいもので、またここ二週間の乾燥も手伝ってか、赤のぶどうの一つがみごと生きかえりました。枝の先に新芽がでてきています。わかりますか?
でも怖いですね?
幹の真ん中は、こうなのです。

 普通ぶどうの寿命は、100年と言われていますが、効率が悪くなるので、40年くらいで植え替えています。でも100年たったブドウで作ったワインなどというのもあるのですよ。


そして、案の定くずれました。

突然の大きな音でしたが、毎年のことで、また?という感じでしたが、夜中でした。
そして、

少しの修正をしました。これでしばらくはもつことでしょう。
もうそろそろ、暖炉です。

石井 秀代さんが来てくれました。Orvieto

 彼女、日本人女性初めてのオリーブオイルのソムリエで料理研究家ですが、ここのところの社に送っている食品の製造工程を見てもらうことや、日本人の好みなど、意見をうかがったりのイタリア訪問でした。もちろん、Orvietoですから、Vissaniのジャンフランコや森シェフらに会ってもらったり、私の大好きなBuonconventoで頑張っている四方さんの店を見たり、彼女でも、はじめての食材などを見てももらいました。
 しかし、イタリア男とは、「ったく!」動物の本能そのままで、若く、かわゆい女の子には、手のひらを返すような、みえみえの扱いをするのですね!私も多くのプレーボーイを知ってはいますが、日本人のそれとは、まったく違い、みごとと言うだけです。

 ワイン屋さんは、自分のロゴ入りのワインオープナー持ってきてをあげるしPasta屋は、どれでも持って行ってくれというし、ETC。
 もちろん、もう私も長くここイタリアにいるので、これはチャンスと思い、すかさず、「俺には、何年付き合っても何もくれない!」と訴え、今、頼まれている日本大使館のバザーの商品をゲットしましたが。
 でも私もとくをしました。彼女とお会いしたことがなくてのRoma空港で初めての出会いだったのですが、迎えに出ているイタリア人を見ていると、実に美人に目が行くので、出会いは、非常に楽でした。しかし、今回、手のひらを返すという言葉、じっくり感じたのです。

 男でも、女でも、若さで通用しなくなってからが勝負なのに!などと、年寄りのひがみ言葉を、ふとつぶやきながらの週です。
 

2013年09月15日

やっと雨がきました。Orvieto

 本当に待っていました。すべての動植物が喜んでいます。にわかに、緑が増してきます。この時期ほど、美しいところだな!と感じることがありません。

 私は、その美しさに酔う暇もなく、この時期にけっこう大量の手紙を書きます。大量の手紙を書くのには、筆圧が強いため、(ペンだこは、一年中ありますが、)ボールペンでは、もたなく、万年筆を使います。最近では、Lamyの筆圧が強くても大丈夫なものが出来て喜んでいますが、宛名書き用のものは、イタリアカラーのいただいたMarlen Italy。便箋に書くものは、読んでいただく人を考えてDeltaの、Dolce Vita!最後の私のサインにLamyを使っています。インクは、Lamy以外は、ペリカンの明るいブルーにしています。

 読んでくれる人がそこまで考えるか?って?そんなことはどうでも良いのです。評価されるほどのことではないし、生き方など、所詮自己満足ですから。
 しかし、飛行機に乗るたびに、何回も失敗するのですが、気圧で、万年筆はだめなことを知っているのに、Astuccio(筆箱)をダメにしたり、ワイシャツをダメにしたり、カバンをインクまみれにしたりするのです。習字に通っていたころの少年のときと同じで、書き物をするたびに、すみまみれになるのです。まあ、成長していません。

 さて、そろそろうっかりすると、朝は寒く感じます。乾かしておいたQuercia(かしの木)を取ってきて、初暖炉です。

 ダメですよ!画像大きくしたら。ピストル?スペインに行って、100年前のものを手に入れたのですから。銅の鍋とグレコの絵といっしょで、私の宝物です。

About 2013年09月

2013年09月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年08月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34