イタリアからのてがみ: 2014年03月 アーカイブ

« 2014年02月 | メイン | 2014年04月 »

2014年03月 アーカイブ

2014年03月03日

Romaに行ってました。

 少し時間があったので、Termini駅のそばの、アジア人スーパーというのか、韓国スーパーというのかわかりませんが、行って、大根と白菜と卓上コンロのガスを買ってきました。
 こうなると鍋しかないでしょう?でも、すき焼にするか?と思ったのですが、薄い肉がない!でもふと考えて!?え?もうわかりますか?そうです。カルパッチョ用の肉があるのですね!この国には!
生活の知恵?私の知恵?

 これを買ってみたのです。
 Firenzeからお客様も来ていたので、割下など簡単に作れますが、たまたま、よく行くスーパーにおいしそうなねぎがあったので、熟慮後、(まあそれほどでもないのですが)、だしでしゃぶしゃぶといきました。

 ねぎの産地というと、深谷か下仁田でしょうが、私がここOrvietoで見つけたそれは、顔も太さも、下仁田ネギです。もともと子供のころ、こんなまずいもの(つまりねぎのことですが。)よく大人の人が「うまい!」と言っているけど、うそだ!と確信していたのです。うど、みょうが、たらのめ、にんじんなどもそうだったのですが、その中でもねぎは、絶対にまずい!「大人は嘘ついている!」と確信していたのです。ここOrvietoは、日本の野菜や食品がない環境だからではないのですが、今、あれほど嫌いだったねぎを「うまい!」と感じるようになったのです。年齢なのでしょうか?ねぎを甘い!と感じるようになったのです。大人はうそつきばかりでないこともやっと今になって、知ったのです。

 ともかく、Firenzeから来た素敵な青年と素敵な会話、おまけに、ねぎ、白菜、カルパッチョ用の肉で、しゃぶしゃぶと赤の良いワインで素敵な夕食をすませました。
 いやあ!日本の食が、世界遺産になるのは、当然!と感じたのです。すしだけですか?

 ともかく、食べるために生きていると感じた瞬間でした。

2014年03月08日

宮川 秀之先輩に会ってきました。

 今、彼は、トスカーナ州 リヴォルノ県のスヴェレートというところにいます。

 ね?ここは、どこから行っても遠いところで、Orvietoからは、早い道がないので、BolsenaからPorto Santo Stefanoまで真横に行ってグロセットを過ぎて入ったところの湖のある立派なブドウ畑とオリーブの畑に囲まれたところに住んでいます。着いたとき、カーグラフィックの原稿を書いていたところだったのですが、私みたいな者と3時間ほど、いっしょしてくれました。「世界のおける日本人の役割」、「日本人と韓国人の問題」、「最近の日本人の犯罪について」、「食について」、「原子力について」、「生き方について」、などが話題でしたが、豊かな時を過ごしました。ものすごい良い天気でまさにドライブ日和で、長い運転も快適でした。
 彼が私に「幸運な人!」という表現をしてくれたのです。尊敬する人にそう言われると、ついさっきまで、自分くらい運の悪い奴いないのでは?と思っていたのに、あっという間にポジテイブになってしまうのは、素地が軽いのかな?まあそれは自分のことで。

 でも彼は、この画像の方がいい。

 ごちそうになってしまい、その後、ゆっくり散歩しているときに、ジュージアローから電話があったりしました。私は、高校の後輩なものですら、おねだりをしまして、1945年の彼の自慢の車を見せてもらいました。以前にも見ているのですが、画像に収めていなかったので!と言ったら、私を撮ってくれ!と言われたので、撮りました。やはり彼には、この画像のほうがもっといい!

 そう思いませんか? いいでしょう?

2014年03月10日

Festa della Donna!

 ヨーロッパの多くの国では、3月の8日を女性の日という日をもうけているようです。今年のイタリアは、あまり寒くない冬でした。ですから、多くミモザの大木が黄色い花を咲かせています。
 で、この日は、ほとんどの女性は、どこからか?このミモザの花をもらうのです。

 こういうものが、多くBarなどで売られています。この日は、Orvietoでは、レストランは、ほぼ、女性のみです。朝Mihaellaが、Sam!Kyou ha ristorante ni yukunayo!と言って帰りました。
最近少し、料理のまねごとしていますが、新しいメニューに、漬物が加わりました。

実に新鮮そうなカブがあったので、特性の一夜漬けにして、宮川さんのところのブリケッラの軽い赤と食すと、これは、レストランへ行くより豊かな夜です。

 今の農作業は、何しろ今年のイタリア、早く春が来ていて、ぶどうのレガーレという作業を急ぎますが、辞書を見ると縛るとかでていましたが、冬の間に蜘蛛の巣のように伸びていた、ぶどうのつるを、切って、元気そうなものを残し、それを収穫しやすい位置に縛る作業をするのです。

 周りの草もごらんのように伸び、レガーレの終わったぶどうから、たくさんの涙が出ています。
 続いて、オリーブの剪定もしないといけないのです。

 ともかく、このまま春になるのかな?

Il Riposinoの春告げ花は、まず、ぼけ、すいせん、チュウリッパノと続きます。ウープーパーもかえってきました。
 
  あっつ!そうか!タイトルは、Festa Della Donna!ですね?イタリアの女性!はい!みな素敵です。でもよくしゃべります。いや!良いことです。よく自己主張します。良いことです。よく食べます。良いことです。
とまとめます。

About 2014年03月

2014年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年02月です。

次のアーカイブは2014年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34