イタリアからのてがみ: 2014年05月 アーカイブ

« 2014年04月 | メイン | 2014年06月 »

2014年05月 アーカイブ

2014年05月04日

Pastaの国。それはイタリア!   Orvietoから

 この国は本当にPastaの国です。人間はもちろん幼児も老人も。犬のドッグフードにも、猫のキャットフードにもPastaです。もちろん今の時期は、そのPastaの原料の麦が、さわやかな新緑を見せつけてくれています。

 こういう店が、どこの町にもあります。つまり新鮮なPastaで生Pastaです。日本でも、生Pastaで売っているレストランがありますが、水が日本の場合、軟水なので、いくら良いセモリナ粉を使っても、イタリアの味にはかないません。
 で、中に入ると、

 こんなふうになっていて、その日の気分によって買って行く人が多いようです。「今日は何を作った?」と聞くと、「ウンブリケッリ、タリアテッレETC」と言われたので、ウンブリア州を代表するウンブリケッリをもらいました。

 定番ですと、ウンブリケッリには、トリフかアラビアータという辛いものが合うとされています。実は、私は今日は耳つまりOrecchiette(ローマ字ですから、オレッキエッテと呼んでください。)を欲しかったのです。以前、この町のあるおばあさんに教わったPastaでして、ただ親指で大理石のテーブルに押すだけのものですが、明日なら作ると言われウンブリケッリを買いました。

 今、ポパイと二人だけの生活でして、どうみても、250gで十分ですが、500Gは買わないと恥ずかしいので、買ったのです。でもこの国のPastaの位置づけは、日本で言えば、おじやみたいなもので、余ったものを入れればいいみたいなものと考えます。で、ここの今は、とまと、セロリ、きのこが余っているので、それらをみな入れてみたのです。

 美味なのです。そしてPastaの究極のごまかしは、赤、つまりトマトの赤があれば、パルメジャーノでふりかけ、トマトを使わないときには、白ワインを入れると、すべてのPastaは、きわめてうまいものになるのです。

 あしたは耳のPastaを求め歩き、白のPastaで、雨が降っているので、さわやかに空豆のPastaでも考えましょうか?

 あっつ!そういえば、今日VissaniのLucaに会いました。少し太ったようです。彼。

2014年05月09日

Cibus2014  Orvietoから

 イタリアで口に入るものの展示会は、VeronaのVinitaly、Milanoで行われるTuttofood
そして、Parmaで行われるCibusがあります。その他関連ではHostという、これは、厨房機器が主体のものもあります。結局、私は毎年全部に行くことになっています。Cibusは二年おき、Tuttofoodも二年おき、Hostも二年おきに行われています。でもParmaのCibusが一番好きです。都市が一番小さいからでしょうか?
それとも、こんな子に会えるからかな?

 これは、Calabriaのブースのモデルでしょう?ペペロンチーノばかりが並んでいました。
イタリア人「ですから、話すし、ほかの国のモデルより近くに寄れるのです。

まあ、

 これが入口です。ほかの大型の展示会より、こじんまりしていて、会場までのアクセスもそれほど混雑していません。入場料は、事前登録で45ユーロですが、大型のブースから小さいものまで、いろいろですが、足が棒になるまで歩いても、楽しいものです。まあ食べ物の展示会ですから、食べられますから?

 この展示会に日本食がないのか?と思うのです。冷凍技術があるのですから、このへんのいいかげんな中国人の作っている寿司より、ずーと日本の冷凍すしの方がうまいと思うのに。

 来年うちで出店しようかな?でもイタリア人相手は、難しいな!でも、すごいと思うのは、韓国の食は、出ていましたよ!あの国の国際性というのは、すごいものですね!

 そして、やはりParmaは生ハムですか?

  Piazzaガリバルデイーから少し奥に入ったところの、Duomo前のBarに行き、歩き疲れた足休みに「Birra!」と言ったら、「何か食べる?」というので、生ハムを頼んだのです。最近、生ハムより、コットの方が上手い!と思うようになっていて、またBarの人よりかはるかに私の方がParmaの生ハムについては、知っているのですが、(まさかルッピ社の36か月!とも注文できないのです。本当はそう言いたいのでが))まず頼むと、この大きさ!
 大きいですよね?「これ一人前か?」と聞くと、「食べきれなけらば、持って帰ったら!」と言われたのです。
 この日私は16:16分発のICでOrvietoにもどるので、ビール二杯飲んでもこの生ハムは、食べきれなかったので、残してしまいましたが、手紙を書きながら、その手紙を書きすぎで痛めた手の痛さも忘れるほど、充実した時間でした。生ハムのおかげですか?

  最近、自分でも自分を、凝り性だと思うようになっています。ここParmaに来るのに、Orvietoから乗り換えのないICが一日一本で、午後1時過ぎ出発なのです。ご存知のとうりイタリアは、午後一時が昼ですから、食事時間ですよね?
 実は、料理を始めたら、弁当まで作るようになってしまいました。その昼弁当は、タコとじゃがいもをオリーブオイル、にんにく、ペペロンチーノで炒め、パニーノには、玉ねぎ、リコッタプロシュートコッタ、黄色いからし、そしてバナナにゆでたまごに醤油!抜群でした。

 ごめんなさい。タコじゃがは食べてしまいました。

About 2014年05月

2014年05月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年04月です。

次のアーカイブは2014年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34