イタリアからのてがみ: 2015年02月 アーカイブ

« 2014年12月 | メイン | 2015年03月 »

2015年02月 アーカイブ

2015年02月05日

Orvietoの冬2015年

 イタリアもけっこう冷えています。
この時期、観光客もいないし、真剣になにかを見るのには、この国は、良い時期かもしれません。
 私は、農業従事者ですから、それでもしないわけにはいかないものがあります。まずぶどうですが、今は、こんな状態になっています。

 まるで蜘蛛の巣というか、昔の桑の木のごとく枝がでています。これを三月になったら、剪定します。より強く見える枝を一本か二本くらいに残すのです。ぶどうの木自体は、冬の間は、水分を吸収しながら、休んでいます。(成長という意味で)
 ところがオリーブは、

 こんな状態です。
わかりますか?新芽が?冬でもゆっくりですが、成長していて、豊かな水分を体に入れていて、成長を留めていないのです。このオリーブも3月には、剪定をします。

冷えていてと記しましたが、実は、休んでいるぶどうの方は、〇℃以下になっても良いのですが、オリーブは、凍って割れてしまうことがあるので心配なのです。このOrvietoを代表する二つの植物は、冬でも、適温が違うのです。
しかし、この地方の農業に従事する者の多くは、昨年の冬があまり冷えなかったので、オリーブもぶどうも悪かったので、冷えている今年はいけるのでは?と言っています。ぶどうもオリーブも、冷えると虫が死ぬからなのです。しかし、3月にならないと収穫の予測はできません。Slow Foodを目指すこの国の人たちは、何しろ、天候が全てなので、冬は適当に冷えて、6月からは、晴天が続くことを、祈るものです。

2015年02月07日

結局食べ物(食いしん坊)なのです。

 雨の多い時期は、いろいろなところに支障がでます。パソコンが順調に動かないのです。IL riposinoは、けっこう金かけて、WIFIの設備をしたのですが、ここまでのラインが、古いらしく、また新しい機械は、古いラインを嫌うらしく、どうも順調ではありません。今もWIFIの入ったBarに来て、架電する始末です。その上、寒く、北では、鉄道にも、車にも多くの問題がでています。

Orvietoの大きくなったCoopにほぼ毎日行っていますが、日本人の多くに人気の生ハムを切った切れ端を売っていました。
AC
 これ、鍋のだしにしてもいい。野菜炒めのしあげでもいい。おちゃずけに、すしに!とどういうふうにでも使えるものです。え?鍋?豆腐なし、白菜なし、こんにゃくなし、米のうまいのなし。で本当は、何にもできないのですが。
 このプロシュートの価格が見えますか?安いのでは?厚み?

 ね?こんなものです。
 
 Coopで、チョコレートを見つけていたら、Beetsがありました。イタリアでは、Rape Rossaというのですね!
赤カブですから、牛の肩のところの肉をワインでにて、「ボルシチ」を明日は、作るとしましょう。先日、先輩に教わった料理で、寒い冬には、最高と思うのです。

こうご期待!こんな言葉も死語かな?

2015年02月09日

豊かな朝食

 今朝は、天気もよく、十分に寝たので、そして、毎日行くBarがやすみなので、自分で、準備をしました。昨日のボルシチは失敗。途中に味見したときは、これはうまいと思ったのですが、Beets自体がまずかった。真空パックになったものでしたので、ゆであがったものに、最後にいれたので、このBeets自体まずさで、失敗です。サワークリームにオリガノも準備したのに。残念でした。

 気分変えて、

ね?

 花は演出一つで豊かになります。Coopで3,9ユーロしかも少しかわいています。でもバラが水揚げする薬が入っているのです。普段買っている花屋より安いのです。その気にっている薬を使うとこうです。

マニハ食品の社長からもらったおでんです。それと薄塩のオリーブ塩つけ。
Caffeのタッサは、5年前にポーランド人から買った、今、私の一番の気に入っているもので、Caffeは、ラバッツアでマシーンは、Caffe Alla Napolitana

 かたわらにあるのは、直木賞 西 加奈子のサラバ
さあ、読まないでバラを、切るぞ!

バラの剪定

 この作業は、つるバラ1月、普通のばらは二月と言われています。もともと、前橋市の花がバラなので、植えはじめて、今や50株にもなります。
 剪定技術は、PCで調べて、真ん中切っちゃう、周り残す。はさみを入れると、選定方法が正しいと、サクッと切れます。

 天気がよく寒くもないので助かりました。50株もあると、けっこうな労働になります。

これで、春になったら、消毒か虫とり、そして、定期的なまびきで、大きな花を咲かせます。

2015年02月28日

ひどい値上がりです。

 今、ラテンで話題のオリーブオイルではなくて、郵便代です。イタリアで、5年前にはがきは、一ユーロ以下でした。事実、今でもドイツでもフランスでもスペインでも、一ユーロ以下で世界中の国の人とのコミュニケーションが取れます。日本からも70円で、世界中に一枚のはがきが届くのです。
 手紙とはがきを、武器にしながら、業務をやっている私にとっては、こんなに短い間に値が上がって行く郵便代に驚いています。まあ相対的に見ることのできないイタリア人ですから仕方ないし、私が議員でもないから仕方ないのでしょうが、ひどいものです。公共料金については、高いことでけっこううるさく言うわりには、郵便物については、無言です。郵便は、メジャーではなくスマホの時代だからでしょうか?

 困ってしまうのは、昨日まで知らなかったから、はがき2ユーロのまま投函していたのです。はがきが着いて、30チェンテッシミ不足ですと、出した相手に言われるのが?また、戻ってきたりしたら、どうしましょう?手紙やはがきは、時に重要性があるので、ね?

 画像の説明しますと、アジアアメリカは、Zona2なのです。ですから、はがきは、なんと、2,3ユーロ、封書20gまで2,3ユーロ、50gまで4ユーロですよ!そして、昨年12月から改定されたのです。それ以後ずいぶんたくさんのはがきや、手紙を出したので、失礼があったら、ごめんなさい。

 でもこのもの(ブログ)を見ている人もいないか?
 でも、今さら、メジャーになって、スマホを買う気にもならないのですが。気を取り直して、少し春めいてきたので、畑を見て、梨の剪定でもしましょうか?
 ぶどう?
終わりました。

About 2015年02月

2015年02月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34