イタリアからのてがみ: 2016年03月 アーカイブ

« 2016年02月 | メイン | 2016年04月 »

2016年03月 アーカイブ

2016年03月05日

Orvieto2016年3月から!

 Orvietoの長老たちが心配していた強烈な寒さもなく、激しい雨もなく、朝2度3度昼15度程度、夜雨が降るという今日この頃です。そんな時に、私は、ミャンマーのセレブに呼ばれ、ヤンゴンに行きました。ほとんどの人は、軍事政権のときに、国を出て、日本やほかの国などで稼いで、ミャンマーに戻った人たちでした。彼女たち、たくさんの宝石を身に着けていました。そういえば、この国たくさん宝石が出るのでしたね!
 仏教がけっこう深く生活に入っている国でした。写真は趣味にしていませんが、ベストショットを、ご覧ください。

ね?

え?へた?
じゃあないですよ!上の画像なら左のおとこの人をカットして、下の少女の尼さんたちのものは、右の指導者の緑の洋服の人をカットすると、日展出展も可能でしょう。などと思っています。

しかし、伸びてゆきますね!この国。一時のSeoul,サイゴン(ホーチミン市)Taipeiなどの勢いを感じました。仕事は?ですか?
はい。

こんなところです。
 ソムリエももってないのに、よくこんなことできるな!などと自分でも思うのです。少し考えます。でも、この国今なら何でも成功しますね!

 一泊、民家に泊まりましたが、そこにいる24時間365日のメイドさん。給料6000円くらいですって。優しい国民で飢えていること訴えると、食べさせてくれます。家々の前には、水瓶があって、暑いところなので、のど乾いたとうりすがりの人に功徳にするのです。水島上等兵がここに残る気持ちもわかりました。パゴダ(寺)がたくさんあって、その周りに、小さな小鳥がいて、それを放つと功徳になるのだそうです。私は、もちろん仕事師ですから、パゴダの中の商売のブッダに祈りとささやかなお布施をしてきました。そういえば、今年もずいぶんいろいろなところで、仕事がうまく行くことをお願いしました。総社神社、菩提寺、Assisi、そして、バゴダと。そのことしか考えていないので。でも、いつも祈る前に、自分が出来る精一杯をやっているよね?と自らに問い、私の周りにいる人が幸せになりますように!とすべてのところで手を合わせました。

2016年03月08日

Mimosaの日 Orvietoから

  3月8日は、イタリアの女性にとっては特別な日でして、正式には、Festa Della Donnaと言います。男性が日ごろの感謝の気持ちを込めて、身近な女性にミモザの花束をプレゼントする日なのです。身近な女性?と言っても私には、MihaellaとBarの子くらいなので、でも、あまり負担になられても困るので、私は、今朝、こんなものを用意しました。

これなら、なんてい言うこともないでしょう?もちろんMihaellaへです。
 私は、その義理ミモザをあげて、MontalcinoとOrciaの関係しているワイナリーに、オーダーに行きました。実は、今がトスカーナの一番美しいときなのです。

 世界の田舎、世界の金持ちが一度は住みたいと言っているこの地域は、糸杉が特徴で、ここOrvietoから100kmくらいのところにあります。
途中、橋が壊れて、かなり長く迂回させられましたが。でも、ただの畑が世界遺産のこの地域の景色は、何と言っても今が見ごろなのです。

 どうですか?緑が目に痛いのです。季節により表情を変えますが、印象派の画家が良く書いた麦の畑にポピーがあったりする時期も良いです。でも今の緑がMigliore(最高)です。先日、ところでこの緑は何の畑ですか?と聞かれたのですが、「Pastaの国です。イタリアは。」と言って初めて気がつかれたのですが、もちろん麦の畑なのです。
商談は、どうもうまく行ったとは思いません。あまり得意でないみたい。

戻ったら、我が家の糸杉は、森林警察(Forestale)と道路管理のAnas(道路管理)が高さと決め、こんなみじめなものになりました。その上、大きな木を5つ切ったのだから、5本の木を植えろ!と言ってきたので、先週もうバラを3本植えた!と言ったらバラは木ではない!と言って帰ったのです。
仕方ないから、アーモンドの木を植えましょう。
さあ、穴掘り!おおきなミモザの花束をあげられる人を夢見ながら。

About 2016年03月

2016年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年02月です。

次のアーカイブは2016年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34