イタリアからのてがみ: 2016年04月 アーカイブ

« 2016年03月 | メイン | 2016年05月 »

2016年04月 アーカイブ

2016年04月05日

涙も枯れて!Orvietoから

 ぶどうのことです。
冬の間の雨に、十分に水分を取って自分の幹に蓄えた枝を切ると、ご覧のように、涙を出します。

この涙をほっておくと、知らないうちにその涙は、止まるのです。人の涙は?止まりますか?まあ、うれしいとき、感激したときの涙は止まりますかね?悲しいときや、苦しいときの涙は?泣いていられないのでは?

 そう、ぶどうのことですね?
涙が止まったら、Legareという作業に入ります。辞書を引くと結わえると出ます。つまり、われわれが採るのに便利な位置までできるであろうブドウの位置を、矯正するのです。

 今年のイタリアは、日本より早い春が来ています。大きな忘れ物をしていました。昨年の秋に植えたチューリップが出てきました。素敵な忘れ物でした。

チューリップというものは、切らないと一週間から二週間ほどもつのですね?切ってしまうと2日です。面白いものです。
 
 日本人の大好きな、桜ですが、吉野の桜は終わりまして、サクランボを点ける桜が、盛りです。
この桜は、もう少しあとから、毎年、アリと私の戦いの場になるものです。昨年は、勝ちました。この桜、雷に打たれた後のあるものでして、必死に、頑張れよ!と言い続けたら、体から、やにを出しながらでも、真っ赤な、サクランボを、春の終わりに作ってくれています。

 鳥は歌い、さわやかな風が吹き、花は咲き、冬眠していた動物は起きてきて、まさに春爛漫なのです。

 私はこの草を見ながら、ぶどうのように泣いてもいられないので、草との戦いに入ります。苦しい涙なので?枯れた後には、喜びが来るでしょう。

2016年04月20日

Potaturaが終わって!(オリーブの木の剪定)Orvieto


 久々にRobertoに頼んで、被写体になりました。やっと200本に及ぶ、オリーブの木の剪定を終えました。このあと、ご覧のように、風のない日を選んで、切った枝をこうして燃すのです。この地域でこの時期、風のない日には、白い煙の出ているのは、このPotaturaという作業をしていることの証です。

 斜面になっているぶどうの畑の端で燃したので、昨年11月に、90本ほど植えたサンジョベーゼの苗がどうなっているか?見たら、順調に育っていました。水が足らない気がしますが。

 かわゆいでしょう?もうこれも剪定して、一本にしてゆくのです。

 オリーブの剪定をすると、見た目のオリーブは、ちょうど、毛を刈られた羊のように、少しさみしく、木としての存在感がなくなります。しかし、剪定の中で、面白いのは、鳥の巣を発見することがあったり、きつつきが穴をあけたりしているのを発見できます。だから木によっては、満身創痍になっている木もあるのです。

 こういう巣の周りは本来、もう少し切らないといけないところがあるのですが、外敵に見つかるとかわいそうなので、ほっておきます。今年は、鳥の巣が3つ、穴の空けられたオリーブが二つありました。

 着替えに家に戻ったら、Upupaのカップルが、350年のオリーブの木の周りに遊んでいました。

 Upupaわからないですよね?伊和辞典を開くとヤツガシラと出ています。飛ぶときの羽がアメリカ軍の大型のヘリコプターのようで、きれいなのです。体の色は光る茶色です。頭に特徴があって、くちばしも鋭く大地をつつきます。春と秋に来る鳥ですが、Mihaelaの言うのには、巣があるよ!と。

ずーと畑を回って、入口の雑草を切って、門をあらためて見ると、

 森林警察の言われたとおり、糸杉をカットしたら、こんなになったのです。かっこ悪い。
 森林警察呼んで、「門というのは、人間でいえば、顔だよ!」と文句言ったのですが、「ルールだ!」との答え。悔しいので、「イタリア人でルール守っているのがいるの?」とうそぶきました。

 今日は、ホウレンソウ鍋とTorgianoRossoとしましょう。これを酒とバラの日々というのでしょうか?

2016年04月28日

時に、自らが天才ではないかと思う不遜さが

 何とか、自分を、生きさせてもらっていると思うし、そんな思いは口に出さなくても、つぶされるので、より強くなって這い上がってこれると思うのです。最近二つそんな思いをしています。
まずは、何と言っても旬のばらです。

 MihaelaやRobertoに言うと、「お前の技術ではない。」というのですが、「じゃあほかのうちのを見ろよ!こんなでけえバラはねえだろう?」と返して、アブラムシに耐え、ありに蝕まれ、よくぞここまでと思うくらい、よく出来ました。これが一つです。

 そして二つ目は、食です。
 ホウレンソウの時期ですね?少し塩を入れて茹で、色を保つために冷水にしたして、すだれで絞って、二種類の食べ方を試してみました。

 かつおぶしは、築地伊勢啓のもの、醤油は、例の空気に触れないもので、

 オリーブオイルは、2016年のコンクールで金賞を取ったうちのもの、塩はハバールの岩塩と地中海の海塩。
まあ、ともに、おしたし天才ではないか?と思うほど両方うまかった。
 日が前後しますが、一昨日 魚屋に4ユーロ借りていたので返しに行ったら、Orataのおいしそうなものとするめイカがあったので、買ってイカは皮をむいて、細かく切って、思い切り日本料理にしたのです。

で、Orataは、アクアパッザ
 
小ぶりのOrataですが、頭が旨かった。ふと考えると、日本にいるときは、イタリアンを作って、ここにいるときは、日本食を作っていますね!えーーーアクアパッザは、イタリア料理か?そうです。
 本当にここ二日寒いのです。まだ温まらないので、最後にだし、ベーコンの燻製したのを削って、残っていたビーフンを入れて最後にのりをまぶすと、本当に俺、天才じゃあないか?と思わせた味になったのです。

 でもこの天才、いつも同じように出来ないのです。
 ところが、Vissaniの森シェフや、京都の河上シェフは、いつもうまい。これが差なのでしょう。
 
最近二度自らを天才と思った瞬間でした。
 いっしょに、飲んだワインは、最初が微炭酸のアルコール度数の少ないもの、次はOrvieto ClassicoのSecco(ドライ)でした。

 さあ!みなさん!不遜な気持ちになった私をつぶしてください。もっと強くなって戻って来ますから。Orataは辞書ひくとチヌ、クロダイと書かれてあります。

About 2016年04月

2016年04月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年03月です。

次のアーカイブは2016年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34