イタリアからのてがみ: 2016年05月 アーカイブ

« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月 アーカイブ

2016年05月15日

5月15日 Orvieto2016年 ただの一日

 日曜日は、PoranoというところのBarに行きますが、朝食を済ませて、Barの女の子に!「今日何にしようか?」と言うと、「今日はパロンベッラじゃない!」「Duomoでパロンベッラ見て、その前のレストランで何か食べたら!」と言われて、朝からDuomoの鐘が鳴っていた理由がわかったのです。Duomoから白いハトの入った箱が、サンフランチェスコ教会まで言って、花火で飛び立つ様子で、今年の収穫の吉兆を占うという祭りで、Duomo前が人であふれます。
しかし、今日は、雨で、それでも、生き物相手の私は、まず、バラの処理をします。

 そして、昨日買ってきたはがきと切手の整理をして、良い切手の買えたことを少し喜んでいるので、今日のパロンベッラは、行くことを止めます。WWFとのけんかも見たくないし。

ね?フェッラーリですよ!
 イタリアの田舎の買い物の話に移って行きますが、郵便局に行っても切手のないことがあり、また郵便局は、いつも開いているわけでもないし、けっこう切手は、あるときに買いだめしておかないといけないのです。整理も済んだので、COOPに行きました。Coopは、何と言ってもイタリア最大のスーパーです。数年前OrvietoのCoopが大きくなってから、日曜日でも営業していることをひそかに私は、嬉しく思っているのです。新店舗になってから近郷近在の人もここOrvietoに来るようになっているからなのです。

 高速の出口からOrvietoへ向かうとOrvietoの門と書かれた大きな建物がそうです。今日は、パロンベッラなので、混むと思って日曜日の開店時間の9:00のに合わせてゆきました。

 あっ!少し日本のスーパーにはないものを見せます。

何だかわかりますか?そうです。手袋なのです。

 つまり素手でものに触らないでくれ!ということで、多くのスーパーでもそう書かれた張り紙を見かけることがあります。そんなにイタリア人きれい好きか?と思うとたしかにトイレでは、長く手を洗うし、その後、長いあいだ鏡を見ていますね?それはきれい好きと違うか?
また、面白いものがありました。これです
gomenなさい!画像が入りません。
 Agrettiです。Pastaにもいれますが、今の時期のもので、ゆでて、オリーブオイルにんにくレモンで食べる人がこのへんでは多いのですが、けっこう美味です。ひじきみたいなものです。

 帰りに、ホールのテーブルで、手作りのものを売っていました。かごを見つけました。売っているおばちゃん!これは、「うちのオリーブで編んだものだよ!色の違うのは、つただよ!」「へえ!きれいだね!うちにも200本くらいのオリーブがあるよ!俺も百姓なんだ!」というと、「手が違うよ!」「百姓の手は。こういうのだよ!」と自分の手を私にかざすのです。たしかに私のものとは違っていました。「ね!どこに住んでいる?」と聞かれ、「この近く!」と答えて、「今度遊びに来な!」「どんなものでも作ってあげる!」と言われ、とくながオリジナルオーダーメイドのかご屋さんを見つけたのです。
 これ

 さわやかな緑色なのです。白い紙ナプキン敷いて、パニーノを切って並べると良いでしょう。何かただの一日です。え?あっそうか食事!MihaelaやSartaのMarisaや、Robertoが卵を持ってきてくれていて!春は、ニワトリ卵たくさん産むのかな?と考え、でも食べないといけないことに気づいて、レストランなど行っていられない!と思い、もらったトリフもあるので、どうしようか?と考えています。
え?贅沢ななやみですって? だって、産なので。でも今日寒いのです。まず暖炉です。

2016年05月18日

少し困りました!Orvietoからの手紙

 高速(A1と言いますが)のOrvietoの出口から、Centro(中心と言う意味でチェントロと言います。ローマ字ですから。)に向かうと、日本でもはじまった大きなロータリーがあります。その手前に、実は、日本レストランが出来るようなのです。
 入口ですから、この町で日本レストランとなると?
見かけると案の定中国人ぽい面々が見えるので、その店に行ったのです。

 何ですか?この屋号?広辞苑ひきました。でも出ない。

 むかしのやー映画でよくあるでしょう?ショバ代を取りに行くチンピラのごとく、「オーナー誰?」ここならワンの関係者と踏んで、「ワン・イーバン知っている?」と言うと、必死に走って成長したイーバンが出てきて、「Sam!実は、友達が寿司屋をあさってからやることになって!イタリアでは、中国人のやっているまずい寿司屋がたくさんあるので、9年の修行した寿司職人がいるので、ここでオープンすることになったんだ!」私、「イーバン!お前ね!仁義の切り方教えたのは俺じゃあねか。少年になったころ、髪型まで相談に乗ってあげたじゃあねえか!え!日本食をOrvietoで開けば、誰だって俺との関係を聞いてくるだろう?開くなら開くで、招待状の一つも持ってこい!てぶらじゃあ行かねえよ!」とまくし立てて!中をのぞいても、イタリア語も英語もだめな奴ばかり、でも席数はけっこうある寿司屋でした。味?わかりません。そのうちイーバンの母さんも来たりしておしゃべりして、小学校で唯一の坊主頭を中学生まで通させ、今は青年に成長したイーバンの姿を「立派になった!豊かになった!」と感じて、IL Riposinoに戻ったら、急に空が晴れたので、ジャスミンの生垣が、倒れそうになっているので、Roberto呼んで、修復しました。
gazou 画像が入りません。田口さん!タスケテ!返事が来ないので昨年のジャルソミーナの画像を載せます。

実はまだここまで、花は咲いていません。あと一週間で、ジャルソミーナの香りであふれます。ジャルソミーナは、ジャスミンのことです。

About 2016年05月

2016年05月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年04月です。

次のアーカイブは2016年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34