イタリアからのてがみ: 2016年07月 アーカイブ

« 2016年06月 | メイン | 2016年08月 »

2016年07月 アーカイブ

2016年07月18日

太りました!Orvietoから。

 ヨットマンが来ていて、その後、河上シェフが来ていて、某ホテルの某マネージャーが来ていて、その後星野シェフが来ていて、ということで、連日食談義と実践で、空腹感を感じる暇がないので、太って行きます。多く、ダイエット方法を試みている人がいますが、この空腹感なくダイエットを成功する方法はないと断言できると思うのです。よく食べました。またたくさんのところに行きました。アブルッゾのPretoro、トスカーナのSuvereto、Barcelonaと。何キロ走って、どれくらい飛んだのでしょう?
 一昨日は、雨でした。しかも激しくない雨で、大地にしみこむような雨でした。終日でした。一気に冷えて、昨日は、朝、12度でした。寒いので暖炉を点けました。自然が全てのイタリアの農業ですからさっそくBarに行って長老たちにこの雨大丈夫?と聞くと、ひょうがないと最高。オリーブもブドウも太るから!と言われ安心したら、本当に今日は、晴れ今度は暑くなり30度でした。そんなにことでそれほど暑くないので、オリーブの木の内側に出た枝を処理しました。オリーブの実にすべての栄養を行かせるための作業です。

 けっこうな作業なのです。明日は手がグローブになることでしょう。最近、多くの農業従事者は、ほとんど電動のはさみを使います。私は、使いません。

 ね?こんな状態にオリーブがなっています。
 ほとんど裸で作業しているので、どうやら今年も、Orvietoで(小さい範囲でごめんなさい)一番のまっくろくろすけになるようです。皮膚がん?もぅいいでしょう。気持ち良いので。
 
 え?ぶどうですか?
 はい。

 これは、チリエジョーロという赤のぶどうです。でもまだ自分が白なのか?赤なのか?知りません。
たしかに一雨で太ったみたいです。
 ぶどうとオリーブのことです。

 私は、少し本気でダイエットしないと!と思っていますが、一人で食事ができるようになれば、何とかなるのですが?しばらくお客様といっしょにすごすのです。
 
 太りましたが、痛いところは、オリーブの木と格闘中、ひじを痛めたこと、Barcelonaで大きな鳥に襲われた夢を見て、ベッドから落ちて、下に木のナイトテーブルがあって耳をつぶしたので耳、日焼けのための皮膚ですから、元気みたいです。夏を乗り切ります。オリーブとぶどうたちとともに。

2016年07月25日

太陽の香りOrvietoから

 どうき、息切れ、めまいに、立ちくらみが激しく、ドクターの友人に電話してみて、どんな時に、と聞かれるので、ここの状況を説明したら、「学生のころからお前はばかだと思っていたけど、本当にばかだね!」という前置きで、「皮膚に痛みを感じるくらいの強烈な日差しと40度Cくらいの気温の中、はしごに乗って、オリーブの剪定していれば、誰でもそうなるよ!」という見解でした。

 この作業けっこうきついものです。ここには、200本ほどのオリーブの木があるのですが、枝の内側のこの出た芽を摘むだけですが、はしごのバランスを取りながらのはさみ使いは、全身の筋肉を使う作業なのです。

 100年以上経ったオリーブの木もたくさんあって、そんな木をさわると、戦争にも耐えているので、そこそこ、愛着を感じるものです。ふと日本にも200本ほど植えた、オリーブの剪定は、誰がやっているのか?などと考えています。

 Coopでこんなものを見つけ、この激務に耐えています。
 でも、肉体に太陽の香りが着きます。

About 2016年07月

2016年07月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年06月です。

次のアーカイブは2016年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34