イタリアからのてがみ: 2017年03月 アーカイブ

« 2017年02月 | メイン | 2017年04月 »

2017年03月 アーカイブ

2017年03月07日

3月 Orvieto Pottaturaが終わりました。

このPottaturaという作業は、重要な技術で、冬の収穫量が変わります。しかし、木によっては、今年は休ませるものもあるので、まさしく、木に聞くのです。「どう元気?今年の冬は、寒かったね!」虫が死んでくれたろう?」とか?「どの枝生かす?」とかです。

こういう作業なのです。そして

こうなるでしょう?

これをTrinciaといいますが、砕いて、肥料にしてしまうのです。もちろん風のない日には、燃やします。白い煙が剪定の終わったオリーブの煙です。さて3月ですので、Il Riposinoにある花たちの披露をしましょう。

Mandorla(アーモンド)の花です。

これが、10年前に送った吉野桜の生き残りです。友好都市10周年で10本入れてこれしか残りませんでした。Orvietoの公園に植樹したものも消えました。虫だと思いますが、ここには、残っています。

あと一週間で咲きますね!

そして名もない花たち

プルーンの木です。夏には実をつけます。

ぼけですが、なぜぼけなのでしょう?おどろきとか、鮮とか今言葉ならサープライズみたいな名前がいいのに。花は、芽が出て膨らんで花が咲くのですが、このボケは木から突然花をつけるのです。そして、どうしてかイタリアでは、このボケのことをPesca Giapponese(日本のもも)という名前と付けています。ともにおかしな名前と思うのですが。

言わずと知れたローズマリーノです。コップに水を入れておくと長持ちする花です。花のない時には、適当に使えるものです。そして、このローズマリーノは、直接なぜる?なでる?と成長が増すことを知っていますか?試してみてください。
花好きの女々しい野郎です。Il Riposinoの花とオリーブのPotattura (剪定)の終わりです。何キロやせたかな?

2017年03月29日

イタリアOrvietoも夏時間に変わりました。


毎年二回くりかえすこの時差の変更は、冬時間から夏時間への変更のほうが気分的にも、よいですね?あたり前のことですが、昼と夜の時間の同じくらいな時にこの時差の変更は行われます。ここIl Riposinoでは、吉野の桜が満開の時期とかさなります。

少し遅れてサクランボの桜が開花します。これもきれいですよ!
 そして農作業のほうは、いよいよぶどうのレガーレという作業の時期です。ぶどうは手で取るので、とりやすい場所まで枝を矯正して、針金に留めておく作業です。こうです。
IMGP7765.JPG
 この後に いじめっ子の私が楽しみにしているぶどうたちを泣かせる作業がありますが、今年は少し水が足らない気がして、よく泣いてくれないかも?と思っています。動物ならぶてば(打てば?)泣くかもしれませんが、ぶどうは、泣く原因の水を補わないとたくさんの涙を流してくれません。どうなるでしょうか?しばらく雨がないようですが。自然に頼る農業のつらいところです。
でも何とか終わりました。ご覧ください。Orvietoは、笑っているでしょう?
IMGP7763.jpg


 寝ないで、業務でアブルッゾに行ってきました。イタリアを横断したのです。今年のアブルッゾは地震と大雪で大変な冬でした。
まだ雪がありました。

ね?ここのところ私は、車で動いています。

でもIl Riposinoは、春です。

Tulipanoが咲いて、カモミールに取り囲まれています。ゴンマ屋さんか来て、「お前は、日々よく眠れるだろう?」と言って、冬用のタイヤを夏用に変えてゆきました。ゴンマ屋は、タイヤ屋のことです。

実は、この白い花々がカモミールであることを知りませんでした。こんなにあるけどでも、あまり寝れないのは、かたっぱしから、無情に刈っているからその花の恨みで心穏やかにさせないのでしょうか?刈っても刈っても出てくるのですよ!少しほおっておきましょうか?

About 2017年03月

2017年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年02月です。

次のアーカイブは2017年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34