イタリアからのてがみ: 2017年05月 アーカイブ

« 2017年04月 | メイン | 2017年06月 »

2017年05月 アーカイブ

2017年05月01日

草月流の福島光加先生がお見えになりました。Orvieto


画像暗いですね!
 あまりにアスパラに凝って、だれか感動してくれる人はいないか?と手ぐすね引いていたら、福島光加先生が長い旅の途中にここによっていただきました。しかも私の料理を食べていただきました。もちろんアスパラのおしたしもメニュに加えました。
食べ終えて、ふと

お客様を迎えるときはこんな風に!と言って、

そして、庭から摘んだり切ったりしたのもので、

ともに葉は、ぶどうの白のピーノグリジョのものです。

大きな葉がないかしら?と言われ、イチジクを取ってくると、「白濁するので、」とおっしゃって、遮光の器?
ワインの赤のものでしたらと言うと、こうです。

すごいものですね!
 もともと福島先生がおいでになったら、オリーブの枝を飾るとすぐへたってしまうので、へたらいない方法を聞こうと思っていました。返事は、簡単でした。植物は水あげするのに、茎の芯からではなくて皮の内側からなのだそうで、つまり切り口をいじめておけば、水あげするのだそうです。
そして、


 何か草月流Orvieto支部みたいになりました。
 
 もう少し周りかたずけろ!って?でも、飾っていただいて直ぐのほうがよいと思って画像にしました。
 
 もう一つ勉強になったのは、花瓶?Vasoを重ねたり、見回して、いろいろなものを利用するのですね!

 私は、花も好きですが、水に入った花の根本を見るのが好きで、透明なものを好むのですが、重ねるという発想はなかったのです。そして、あるものの多くを使うのです。料理皿を花瓶に、盛りの過ぎた花の花びらを飾りに!

 知らない世界を見ました。
 少なくとも、ここは、今日一日,草月流Orvietoなっています。

 ついでに、2017年の私の作品です。

 見事でしょう?でもどうやって飾りましょうか?バラの香りであふれることになります。


About 2017年05月

2017年05月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年04月です。

次のアーカイブは2017年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34