イタリアからのてがみ: 2018年02月 アーカイブ

« 2017年11月 | メイン

2018年02月 アーカイブ

2018年02月04日

2018年今年のOrvieto冬

しばらく日本に行っていってました。今年の日本は、寒い冬なのですが、ここイタリア中部では、春のような日々です。今朝も、リスが跳ねていましたが、まだ冬眠の時だと思うのですが?もう起きてしまったのでしょうか?
 リスはかわゆいので良いですが、虫が出てくると嫌だな!と思っています。

 我が家は、というかイタリアの家は、石の家なので、暖かい冬と言っても人がいないとしっかり冷えていて、温まるのに、二日か三日かかります。でも日本滞在中にお世話になった人に、手紙を書くのに、それくらいの時間がかかるので、ダウンを着ながら温まるのを待ちます。少しづつ温まってきます。
 さて、イタリアに来てまずすぐしたいことは、コーヒーを飲むことです。

  コーヒーは、何と言ってもイタリアがBestです。水なのですね!日本でも気合入れてコーヒーを入れるときは、ヨーロッパの硬水を使うようにするとうまいコーヒーが飲めます。
  
 そして今、昨年の秋自分で必死に作った私のワインができたのです。

 このワインは、洗練されていないので評価はまちまちですが、それでも、なかなかのものになりました。何しろ、ブドウが昨年は良かったから。もちろん、初物ですので、ワイングラスは、オリーブの木で作ったものにしたのです。
 
 水と言えば、しばらく前から独学で(You Tubeは別ですが)抹茶をしています。表ですが裏ですか?の問いに、「まこと千家」と答えていますが、この抹茶は、何と言っても軟水でないといけません。京都の河上シェフがお見えになると一保堂のお茶をもってきてくれるのです。先日、有楽町で一保堂を見つけて入ったら、お茶を飲ませてくれるのです。飲んだらこれが天下一品でした。私のお茶も、ときに、「千利休もこんなもの!」と思っていたら、全然違うのです。恐れ入りますがと言って、外人特権を使ってお点前を見せてもらったら、ただの女性が(ごめんなさい)いとも簡単に細かい泡を作ってゆくのです。すごいものですね!日本の文化とは?
 でも、めげないで

まこと千家家元として、日に二回お茶をたてます。なお、京都の一保堂で使う水は、京都の井戸水だそうです。

忘れました。今年のOrvietoの冬は、寒くないのです。

2018年02月10日

日本には、枝打ちという表現がありますが、イタリアでは?

 今の時期に、必死でしないといけないのが、木々の剪定です。オリーブやブドウは一人でできますが、大型の木は、人を頼まないといけないのです。今日も、Quercia(樫の木)の剪定を頼みました。

 朝、陽が出たところなので、逆光になってしまって、反対からは、撮れないのでこんな画像です。まあ写真は、下手なのですが、でもこのQuerciaは、名木で、葉っぱも手の形になっていて、私の大好きな木です。イタリアでは、すべての木は、Forestaleという森林警察の許可がないと、(自分の木でも)切れないのです。このQuerciaは、燃料にも適していて、固い木です。さて、ところがそのあとが問題でして、日本では、枝打ちした木も植木屋さんがすべて処理してくれるのですが、ここではそうはいきません。


中くらいの木、細い木、太い木と分けて、

 整理をするのです。大型の木を切ったので、どうやら二年分ほどの暖炉用の木ができました。
でも、この作業けっこうな仕事になります。肉体労働ですので、ストレッチしていると寝ちゃっていてよく眠れてよいのですが、 イタリアに戻ったら、芥川賞、直木賞を読もうと思っていたのに、実現していません。そいえば、みずず書房のファンゴッホの手紙も、90ページで止まっているし、読み返そうと思ってもってきた、「大地」は、スタートもしていません。でもファンゴッホの手紙は、読みつくして、Vicenzaでやっているゴッホ展にその本を片手に行く予定しているのに。
 私はこのように、追われる気分がたまらないです。なんていいますか?サド?マゾ?いじめられ好き!所詮Pigro(怠慢)なのでこうして自分を追い込まないと何もできないのです。いやな奴です。
大きなQuerciaの枝打ちが終わりました。

2018年02月19日

test


About 2018年02月

2018年02月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34