イタリアからのてがみ: 2011年04月 アーカイブ

« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月09日

2011Vinitaly

 今年もヴェネト州Veronaで、4月7日から11日まで開催されました。毎年のことですが、この時期Veronaでの宿をとることは、難しく、今年もマントバに宿をとり、通いました。
  災害によって、日本人は例年より少ない感覚を覚えました。また、入場料も45ユーロと高くなって、入場人数の少なさの一つの原因か?とも思えます。それでも、朝のVeronaの駅、その会場までのバスは、日本の朝のラッシュ並みでした。(もっとも私はあまり経験がないのですが)

 ここのところイタリア全土が、一気に夏になって、昨日今日とともに30度くらいの気温になり、同時に乾燥が始まってきています。もう日焼けします。若者たちは、その若さの証に思い切り肉体を誇ります。

 暑い中、今日は一人だったので、時間をかけ、じっくり見ました。ワインの味は、みなそこそこなもので、これほど多いと、選べないですね!
私は、製造しているぶどうを見ていますが、知らない人がワインを選ぶのは、価格!味?デザイン!なのでしょうか?ただ、みんな違うので、自分の好みのぶどうを選ぶか・選んだ人を信じるかしかないみたいです。
 歩きつかれて、駅に向かうと、ただのただものとしか見えない人たちが、ヘリコプターで、会場を行き来しているのを見て、(ある先輩に教えられた言葉で、自分も良く使っているのですが、)「金で何とかなることに感激すると、軽くなるよ!」という言葉を思い出すも、足が棒になった私には、「軽くなってもいいから、今度は、ヘリコプターで会場まで来たい!」という望みを持ちました。でもこのヘリどこから来て、どこに行くのでしょうか?Verona PNには、ヘリポートないですね?
 
 Veronaからマントバまでの列車に乗ると、切符には、37kmと書かれてあり、何故その距離を1時間もかかるのか?と思いつつ、疲れた身体にジーゼル列車の音も心地よく、もう8時すぎまで明るくなった車窓を見ると、なしの花が満開でした。

2011年04月13日

山菜の王様 Orvieto

 毎年、わらびの時期が来るとわらびとりに出かけます。出かけると言っても、ちょっと歩けば、たくさんあるのです。わらびのつけものを、業としてやっている友人に「取りに来いよ!」と言ったら、「中国では、山一面がわらびなんだ!」という返事を聞いて、「じゃあ来ないで!」と言って、今では、イタリア中のわらびは、自分のものだと思っているのです。
 ところで、そろそろわらびの時期かと思い車を走らせましたが、まだ早かったようです。ところがふと見ると、たらの芽が、それこそいたるところにあるのです。うれしくなって、10分ほどで、この収穫でした。

 このたらの芽は、何と言ってもてんぷらでしょうから、いやというほど食べましたが、やはり苦さがあるのですね?みずにさして、フライにするところをとってもまたでてくるのです。野に生えているものは、三回同じところをとると、木が死ぬと言われています。(日本からの情報)
 イタリア人はすぐ声をかけてくるのですが、「何しているの?」と聞かれて、「山菜とっている」と、答えると、「それ食べれないよ!」と、わらびと同じ言い方でした。
 その瞬間、イタリア中のたらの芽は、わらびとともに、私のものになりました。

 味?もちろん、オリーブオイルでのフライですから、最高でした。
 そして、もうすぐ、わらびも出てきます。山菜には、不自由しない時期なのです。

 帰ってくると、何と、ここIl Riposinoの中にも、あるのに気づいたのです。


2011年04月20日

萌えるような春!Orvieto


 世の中にこんな美しいところがあっていいのか?と思うほどのことが、ここOrvietoでは、一年に何度かあります。災害に合った人に、申し訳ないと思うほどです。菜の花なのでしょうか?一面の黄色です。
 そしてわらびとcivita di bangnoregioで買ったむらさきいもです。

 そして、ぶどうがどんな状態か?と言いますと、

 E  そしてという意味です。さくらんぼのさくらです。Il Riposinoには、6本の桜がありますが、そのうち3本がさくらんぼの桜です。

 昨年春、チューリップを職人に切られてしまったので、春になると毎年顔を出してくれるチューリップが懐かしく、昨年の秋に、植えたら、「始めまして!」というささやきとともに、顔を出してくれた、チューリップです。

About 2011年04月

2011年04月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年03月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34