イタリアからのてがみ、オルヴィエートのホテルから生の情報をお伝えします。観光ガイドには載らない本当のイタリア

2018年04月15日

Potaturaで!(オリーブの剪定)

 今日からVeronaでVinitalyという名前の一年で一番大きなワインの展示会があります。そうです。ロメオさまロメオさまの町です。だれかが一緒なら車で行くのですが、一人なので、仕方なく便の悪い列車で行くつもりです。Orvietoの切符売り場の女子が若い子になって、単純にVeronaまでというと4回乗り換え8時間55分でいい?と聞かれ、嫌だと言って、それでも一回乗り換え7時間半のコースで行きます。まあ、IPadがあるから列車内で、仕事ができるので良いのですが。そんなとき、

StincoとAsparagiが手に入りました。Stincoは脛の肉(牛も豚もあります。これは豚です。)Asparagiは、野生のもの1.2kgが手に入りました。この野生のAsparagiは、一日おいておくのにも、こうして、切り花のように水にさしておかないといけないのです。

 私が野菜好きでも(足が速いので、)1,2kgの野生のアスパラ(ここでは、Asparagi Boscoと言います。)を一人ではもったいないので、RobertoとMihaelaで三等分して、私は冷凍のエビがあったので片栗粉をまぶして茎の部分を焼いて、アスパラは、単純におしたしにして食べました。

  そうタイトルはPotatura
  これをやっていると必ずこういうものにでくわします。
  わかるかな?

怖いのですが、はしごをもう一つ登って、上から見ると

 なんていいます?癒される?もちろん、枝は、小さめにカットして、たぶん私の様子をこのパパとママが見ているでしょうから早めに作業を終えておきました。パパママおいで!と心でつぶやいて!

 さあ、Veronaまで、三日のワイン漬けの旅に出ましょう。初めての町に行きます。列車の乗り換えでMonseliceという町です。どこにあるのかよくわかりません。でも、初めての町は、好きなのです。
 列車が長いので弁当もって行きましょう。
 
 あっ!そう昨日から電話が通じません。雨だったからかな?本当にこの国は、なぜG8にイタリアが入っているのか?と疑問に感じることしばしばです。
 
 あ!Anche Stincoこれは、Baccinaraにしました。全部Robertoにあげちゃった。

2018年04月08日

今のOrvieto Il Riposino


 けっこう長い期間かけて作ったジャスミンの生垣が先日の寒さで完全にやられました。かなり長い生垣だったのですが、Vivaiに来てもらって診てもらったら、もうすぐに二度目の寒波でどこの家でもジャルソミーナは死んじゃったというのです。まあ様子見て、生きていればそのままにして、死んでしまったら、新しく植えればいい。とのこと。夏になると白い花を見せて、何とも言えない香りを送ってくれていたのに。
 奥にある煙?後で説明します。
 季節は、日本より遅いのでしょうか?
 桜が満開です。

 これは、近藤友司さんにねだってOrvietoにもってきて駅の真上の公園に植えて枯れたときの予備にここに飢えた吉野の桜です。しかし草刈り機で私が根本を切ってばい菌が入って弱ったものを、何とかここまでもたせたものです。Il Riposinoには、5本の桜の木がありますが、今年は、サクランボの桜のほうが早く咲きました。

本当にきれいです。
チューリップも咲き始めました。バラの剪定も完璧にできました。

 ぶどうですか?こんな状態です。

 今年は、雨がたくさん降ってくれたので、たくさん泣かれました。やっと涙が枯れたところです。

 オリーブです。

 この時期けっこう大きな剪定をします。
そして、切ったオリーブを焼くのです。そうすると、煙が出るのです。
煙のもとがこれです。

もう一週間するとTulipanoが咲き、なしの花が咲くことでしょう。今のIl Riposinoです。わらびも出るでしょう。

2018年03月11日

春です。Orvietoも。

 マイナス10度もありましたが、春が来ました。

 Il Riposinoには、二つのアーモンドの木があって、その小さい方の木がこれですが、大きい最初に咲いたものは、零下10度の洗礼を受けてダメになりました。同じように、黄色く咲いた水仙がだめで、何よりイタリア中でミモザの花が全滅でした。
 春になると楽しみの一つは、森のアスパラがこの辺では出てくること、山菜が出まわることです。私専用のわらび畑もあります。食いしん坊の私は、河上昌実シェフが来てくれていて、イタリア風白和えみたいなアイデアを受けて、リコッタおかかアスパラをしょうゆで食べました。

 ね?
 茎の方は、色だしに冷えた水で洗ったので、このとおり、

 ワインは、うちのものです。
今朝Barに行ってMandorla(アーモンド)の画像を見せたら、みな寒さが来ないといいね”と言っていました。何かPasqua(復活祭今年は4月1日)に雪が降ると言っています。Diconoですが。

2018年03月02日

Mamma mia! Madonna!Orvieto冬2018

 なぜ?うちにつららができるの?

 朝Barに行くときに、車で外の温度が分かるのですが、今朝はマイナス10度C、昼間も2度までしか上がりませんでした。ここ3日のテレビのトップニュースは、Maltempo(悪天候)で、アルベロベッロに雪、シチリアで雪というニュースが流れています。飛行機、列車、車の混乱が続いています。三日連続で学校その他は休みという電話が入っています。今週中に世界遺産のVicenzaに行こうと思っていましたが、列車がダメなので、来週にしようと思っています。ちょうど、手紙を70通ほど書かないといけなかったので、デスクでその仕事をしていましたが、冷蔵庫に生姜があったことを思い出して、外のローズマリーノを取って、暖炉前において、乾燥させています。これは、甘くないホットワインを作るためです。三日ほど天日で乾かすのですが、外は、みぞれなので、だんろ前にこうして乾かしています。

 手紙を書きながら、でも夕方なので、外の様子を見たら、本気でMammaMia!外水道の一つが、凍ってパンク、

 さすがにこれだけ水が出ていると、零下30度くらいにならないと止まらないでしょう。直ぐに水道屋は来るわけないし、と思って、でも連絡をしておいて、ふてて夕飯の用意をしました。

 やっぱり寒いと肉です。飲み物は、生姜はまだ乾いていないので、シーバースのお湯割りをスタートにしました。おしゃれに八角とグローブを入れてのホットウイスキーが食事のスタートです。
 このグラスわかりますか?実は無心してもらってきたものです。

 こういうものがあること知っています?けっこうなごむのです。トリスのおじさん!この人としとらないな!
 さて、じゃあ、いつになったら、水道屋来るか?なんて、忘れちまえ!
 今、Genovaの人から電話があって、20年に一度の寒さだと言っています。今の私は、100年に一度位と思っていますが。Madonna!Santa!

2018年02月27日

Orvietoは雪です。

 昨日Romaからの帰りのAuto Strada(高速道路国道A1号線)で、雪の予報だから注意して走れ!と書かれたテロップが出ていて、でも気にしなかったのですが、夜になって、テープで市長の指示で明日学校休み!という電話が入ったのです。学校に通う者もいないのですが、本当に雪なんだと思ったのです。それでも、飲んで寝たら、あまりの静けさと寒さで飛び起きたのです。しっかり雪になって、真っ暗で、どうしたの?と思ったら、停電で、仕方なく、布団から湯たんぽ抱えて、懐中電灯で暖炉の前に行き、丸まって朝を迎えたのです。朝になって電気が回復したのですが、道路は、雪でBarにも行けませんでした。きのうアーモンドの花が咲き始めたので画像に収めようと思っていたのですが、一気に真冬です。しかも、TVによるとRomaもナポリも雪とか?ナポリなどコート持っている人などいないだろうと思うのですが?

 Robertoを待って、雪をいっしょにかいて道路も走れそうになったので、Barに行ったら、みんなが明日は、マイナス10度というのです。PCで、Romaのあしたの天気を調べると、本当にマイナス9度と出ています。

 「冗談じゃあない!」とつぶやいて、でも少し先までの天気を調べると今週いっぱいは、良くないようです。実は、オリーブが心配なのです。しっかり水分を吸ったので、今、凍ると木が割れて死んじゃう?のです。
あっ!そうだ!と思ってお雛様を出して、祈ることにしました。春の人形ですから。
聞いてくれないのですか?

春よ来い!みよちゃん(ミーちゃん)が外へ出られるように。と言うだけでも?

2018年02月10日

日本には、枝打ちという表現がありますが、イタリアでは?

 今の時期に、必死でしないといけないのが、木々の剪定です。オリーブやブドウは一人でできますが、大型の木は、人を頼まないといけないのです。今日も、Quercia(樫の木)の剪定を頼みました。

 朝、陽が出たところなので、逆光になってしまって、反対からは、撮れないのでこんな画像です。まあ写真は、下手なのですが、でもこのQuerciaは、名木で、葉っぱも手の形になっていて、私の大好きな木です。イタリアでは、すべての木は、Forestaleという森林警察の許可がないと、(自分の木でも)切れないのです。このQuerciaは、燃料にも適していて、固い木です。さて、ところがそのあとが問題でして、日本では、枝打ちした木も植木屋さんがすべて処理してくれるのですが、ここではそうはいきません。

細い木です。これは、暖炉に火をつけるときのものです。

中くらいの木、太い木と分けて、

 整理をするのです。大型の木を切ったので、どうやら二年分ほどの暖炉用の木ができました。
でも、この作業けっこうな仕事になります。肉体労働ですので、ストレッチしていると寝ちゃっていてよく眠れてよいのですが、 イタリアに戻ったら、芥川賞、直木賞を読もうと思っていたのに、実現していません。そいえば、みずず書房のファンゴッホの手紙も、90ページで止まっているし、読み返そうと思ってもってきた、「大地」は、スタートもしていません。でもファンゴッホの手紙は、読みつくして、Vicenzaでやっているゴッホ展にその本を片手に行く予定しているのに。
 私はこのように、追われる気分がたまらないです。なんていいますか?サド?マゾ?いじめられ好き!所詮Pigro(怠慢)なのでこうして自分を追い込まないと何もできないのです。いやな奴です。
大きなQuerciaの枝打ちが終わりました。

2018年02月04日

2018年今年のOrvieto冬

しばらく日本に行っていってました。今年の日本は、寒い冬なのですが、ここイタリア中部では、春のような日々です。今朝も、リスが跳ねていましたが、まだ冬眠の時だと思うのですが?もう起きてしまったのでしょうか?
 リスはかわゆいので良いですが、虫が出てくると嫌だな!と思っています。

 我が家は、というかイタリアの家は、石の家なので、暖かい冬と言っても人がいないとしっかり冷えていて、温まるのに、二日か三日かかります。でも日本滞在中にお世話になった人に、手紙を書くのに、それくらいの時間がかかるので、ダウンを着ながら温まるのを待ちます。少しづつ温まってきます。
 さて、イタリアに来てまずすぐしたいことは、コーヒーを飲むことです。

  コーヒーは、何と言ってもイタリアがBestです。水なのですね!日本でも気合入れてコーヒーを入れるときは、ヨーロッパの硬水を使うようにするとうまいコーヒーが飲めます。
  
 そして今、昨年の秋自分で必死に作った私のワインができたのです。

 このワインは、洗練されていないので評価はまちまちですが、それでも、なかなかのものになりました。何しろ、ブドウが昨年は良かったから。もちろん、初物ですので、ワイングラスは、オリーブの木で作ったものにしたのです。
 
 水と言えば、しばらく前から独学で(You Tubeは別ですが)抹茶をしています。表ですが裏ですか?の問いに、「まこと千家」と答えていますが、この抹茶は、何と言っても軟水でないといけません。京都の河上シェフがお見えになると一保堂のお茶をもってきてくれるのです。先日、有楽町で一保堂を見つけて入ったら、お茶を飲ませてくれるのです。飲んだらこれが天下一品でした。私のお茶も、ときに、「千利休もこんなもの!」と思っていたら、全然違うのです。恐れ入りますがと言って、外人特権を使ってお点前を見せてもらったら、ただの女性が(ごめんなさい)いとも簡単に細かい泡を作ってゆくのです。すごいものですね!日本の文化とは?
 でも、めげないで

まこと千家家元として、日に二回お茶をたてます。なお、京都の一保堂で使う水は、京都の井戸水だそうです。

忘れました。今年のOrvietoの冬は、寒くないのです。

2017年11月19日

Orvietoも秋です。

 のぼる君という青年が来ています。一人でないので、いろいろなところに行っています。トスカーナの秋をと思ったら、(実は業務です。)雨でそれでも、紅葉はきれいでした。
ここは、Montalcino村です。

取引のあるTornesiから見た、ビオンデイ サンテイです。
 でもやはりトスカーナは、糸杉でしょう?

何しろ雨で、よく撮れません。え?電線?そこが素人なのです。
一瞬の晴れ間で

少し良いですか?
Orvietoに戻って、翌日の朝

良い天気になって、うちのブドウ畑です。引っ張ると

ね?
 せっかくぴちぴちの青年が来てくれているのに、かなり落ちています。何とか立ち上がりたいのですが、立ち上がるのに必要な支えも見えません。でも何とかしないとと思い、クリスマスの飾りをささやかに作りました。

何か寂しいですか?ますます落ちたみたい。   
ある先輩が言ってました。人を戒めるために四季がある。春に浮かれまい、暑さにくじけまい、秋にしょげまい、寒さに負けまいと。
Orvietoも秋です。------------------しょげまい!

2017年10月29日

オリーブの収穫です。Orvietoから。

 イタリアでは、(ヨーロッパかな?)オリーブオイルは、Umbria かトスカーナ、トマトは、Puglia、Pastaは、アブルッゾ 女は、Napoliと言われています。最後は、良く知りませんが。でも、少しづつ日本でも、この差がわかり始めているようです。あまり理屈ではないみたいです。日本でワインを作るのは、無理なのでは?だって、ぶどうの花が咲く時期が梅雨で収穫時は秋雨前線でしょう?何が言いたい?で、ここのオリーブは、理屈抜きにうまいと言いたいのです。すべての良いものは、東京に集まると言われているようですが、この今日絞ったものをブルスケッタにして食べることはできないでしょう?興味ありましたら、いつでも、どなたでもおいでください。歓迎します。
ついでに収穫手伝って!

 今年のUmbriaでは、なにしろ雨がなく、オリーブも非常に量が少なかったので、爺やのRobertoと二人でやっています。

 上腕二頭筋が痛くなります。
 しばし、Novelloを飲みながら、昼食です。

 社に二人のオリーブオイルソムリエがいます。その二人がけっこう、手伝いにも来ないのに、うるさいのです。で、今年からMulino(油引き工場)を変えました。Mulinoの機械が古くて、でも人が良いところを20年も使っていたのですが、人が悪くてそれでも機械が新しく、技術の高いところが、しかも近くにあって、人の悪いのは私が少し苦労すればいいと思って、新しいところに変えました。もちろん、CecciとかFrantoioという(オリーブの種類です。)辛めのものは、すでに収穫して、いつものTreviに送って、600本ほど日本におくりましたが、オリーブというのは、今時分にならないと油分がでないので、本格的に収穫するのは今です。また味は集めてから挽くまでが勝負なので、これ本当に、体力使うのです。2kgは落ちますよ。

これで、600kgくらいかな?

ね?
 理屈抜きのオリーブの収穫でした。そして、減量にも成功しました。

Il Riposinoの秋  Orvietoから

 寒くなりました。秋になると、早朝Barに行くと、多くの人が、いのししとるための猟に行く人が集まっています。決まって秋になると集うので、たぶん禁猟が解除されるのでしょう。
 
  Il Riposinoの秋を紹介します。
 大地が湿ってきています。雨が降ると翌日には、Funghiが出ます。キノコです。

 これは、オリーブの木の下に出るもので味噌汁に入れるとうまいものです。冷蔵庫が壊れて、みそがないのでできませんが。

 これは、松の木の切り口に毎年できるもので、Gomista(タイヤ屋)が楽しみにしているものです。イタリア中部では、11月4日から、車に冬用タイヤをするかチェーンをもっていないと罰金になるので、今年も交換させて車を持ってきたときに彼(タイヤ屋さん)がとっていきました。
 そして、秋のバラが始まりました。

きれいに撮れましたね?光が逆に入ってきて。偶然の画像です。
そして、ホールの中に入れてみると、

 Novelloが無事に日本に到着しまして、この秋のバラを見ながら、悦にいってます。秋のバラは香りが強く、ホールの入ってくるとすぐわかります。自分の作ったバラなので、切り口が一定でなく、どうしても、こうなります。でもバラバラで面白い活け方でよいでしょう?ただ、いえ中が女くさくなるのです。差別用語ですか?小生、差別用語を使って悪いと言われるたまでもないので、でも表現とするとその差別用語の香りに今、Il Riposinoは、満ちています。
 Il Riposinoの秋です。

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34