イタリアからのてがみ、オルヴィエートのホテルから生の情報をお伝えします。観光ガイドには載らない本当のイタリア

2018年08月07日

Orvietoの8月

 日本のそれとは違って、湿度がないので、それでも暑いです。「よくぞ男に生まれけり!」という言葉がありますが、日々裸で仕事をしています。陽が当たると痛いのです。でも日陰は涼しくクーラーなくても、昼寝(シエスタ)できます。またFerragosto(8月15日)(これはもともとローマの初代皇帝アウグストスの誕生日を記念して、聖母被昇天日の祝日です。まだローマは生きているのです。)になると、サーと秋になりますから、だからあと一週間の我慢というところです。イタリアでは、これだけ暑いのに、ほとんどの家にはクーラーはなく、それでも、そこそこ快適に過ごしています。
 日本、猛暑のようですね?
 夏野菜というと日本では、わが嬬恋のキャベツでしょうか?ここのキャベツは、まきがきつくて固くておいしいとは思えません。嬬恋の熊川町長にでも指導に来てもらいたいと思っているほどです。
ところがここには、この時期うまい野菜があるのです。Zucchina(ズッキーネ)です。苦みがなく7月8月がベストです。
 その食べ方は、こうです。

 ピーラーでこうしてそぐのです。そしてこんな風に並べてしゃぶしゃぶにするのです。

 もちろん、私の創作料理です。
 え?火なんか見たくない?猛暑の日本の人に、本当に申し訳ないと思うのですが、このブログを見ている人も少ないので良いでしょう。ちなみに今朝17度。すみません。
 来週、医師やっている姉とベルギーで会うのですが、「暑くて本当に死んじゃうんだから!」と今朝電話で怒りながら、言っていました。
 私も、あと一週間ほど頑張ります。なんの話でしたか?ああ!8月Orvieto!そう暑いです。

2018年07月29日

6月から7月のドライブ Orvietoから

 イタリアでこの時期、車を運転する楽しみの一つがひまわり畑に 出くわすことです。植える時期がまちまちなので、ほぼこの二か月の間に、各畑ごとばらばらに咲きます。隣の百姓という感じです。いやひまわりは、咲き誇るという表現の方がよいです。ひまわりは、たいていみな同じ方向を向いていて、車で見ると大概は、その裏側だったり横向きだったりしますが、昨日からPescaraまで行ってきての帰り道で突然その正面に私を見ている大量のひまわりに出合い、急に照れて、はにかんで、目を落とすも、車内は、独りで、相手が植物であることに自ら苦笑し、普段から注目されていない自分に、情けなさを感じ、自覚するため、水を飲みました。

 Pescaraは大きな町で、駅から1kmくらいのところで海です。あまり時間がなかったのですが、アドリア海を見ないとと思って午後8;00くらいに海に出ました。愛に出会いました。

 頑張って、夕方IL Riposinoへ戻ると、先日来てくれたTwinが今日も来てくれて、にぎやかなIl Riposinoでした。

 もしかして、トップレス?まあいいでしょう。

2018年07月24日

Tornado in Orvieto(竜巻)

と、辞書には、書かれてありますが、Tronba D’ariaとみんなが言っています。一週間ほど前の夕方一瞬,にわかにかき曇り(今午後9;00くらいまで陽があるのですが)強烈な風、ひょう、雨が降って電気は消え、朝になってみたら、ひどい被害でした。

うちの敷地内です。

これは、明らかに電線に架かっているでしょう?Enel(まあ東電と思って下さい。)が見に来て、順番に処理するからと言ってもう6日が経っています。

 本当にひどいでしょう?こんなときにかぎって爺やのRoberto は、バカンスでPescaraの方に行っていて、仕方なく、私がモトセッカ(チェーンソウ)を使うと、すぐにチェーンが外れるし、うまくいかなく、でも、それなりにかたずけをして、一週間して、爺やが帰って来て、「Madonnna!」と言って、お願いだから、「Samお前は何もするな!」と言って、今朝からチェーンソウの音を響かせながら、作業をしてもらっています。Orvieto近辺にこの竜巻の被害は大きく、町中がユンボの音とノコギリの音が一週間鳴り続けています。電線に架かった樫の木の下がプールでして、早く直しに来てくれないか?とイライラしています。
 こんな最中に、4歳になる双子の子供が遊びに来てくれて、「おじさんが鳥の家を作ったら鳥の子供が来ているんだ!見せてあげる!」と言ったら、目を輝かして付いてきたのでこれを見せました。

パッパガロ(オーム)だ!と喜んでいました。

ふと気持ちが和らいだので、夜になって、育ているバラを生けました。以前に来てくれた、草月流の福島光加さんの影響があるのでしょうか?切った枝や花を水揚げさせることがうまくなりました。オリーブの枝もしっかり生けられるようになり、夏ですので、ローズマリーノも使っています。誰も見てくれなくても、ひとりで悦にいっています。
竜巻の被害は、トータル 日光の杉並木クラスの杉が3本、50年以上の樫の木が二本、その他オリーブの100年ものが一本、ブドウの35年ものが3本やられました。ひどいものですが、電気も回復しました。冷蔵庫も使えます。そして私は生きています。
Umbriaの竜巻でした。

2018年06月23日

しばらく留守していました。

 イベントがあったので日本に、父の墓参でViet-namに行っていました。イベントがあったので、少し長く日本にいましたが、日本という国、すごい国だと、改めて感じたことがあります。私は、以前からノンポリの代表格と言われ続けていました。私のような小市民にとって、加計も森友も、ましてや米朝など全く関係ないのに、テレビが見させるように仕組まれているのか、流されるとくぎ付けになっちゃって、やっぱりますます日本では、テレビが嫌いになってしまいました。ここイタリアでは、朝ほぼ同じニュースを15分づつ流していますが、あまり押し付けを感じないのですが?言葉が100%わからないからなのかな?でも日本、メデイアに怖さを感じます。
 夏になりました。ウープーパーが来ています。リスが騒いでいます。キツネも元気しています。イノシシも。
 私は、Viet-namや日本でお世話になった人に,200通ほどの手紙を書かないといけません。こんな時に限って、友人からいただいたエリザベートという本が来ていまして、ファンゴッホの手紙も142ページで止まっていて、でもそこは、私、懸命に頑張っています。
 夏なので、入口の装飾を変えました。かっこいいおじさんを、Chiavariという町で見つけたので。

そして、帰ったら1969年のピアノの修復も終わっていました。

象牙の鍵盤に、多くの人の汗があったのですがこんなにきれいになりました。
上手くウープパーをカメラがとらえました。

2018年05月02日

今のIl Riposino(Orvietoから)

 続きですが、

 何か文句あります。
美味です。ワインは、先日Loadingの終わったBrioローゼです。
 さて、今日は、うちを回ってみましょう。ぶどうは、枝先の実に栄養を送るために、今の時期に途中に出た芽を手で取る作業をします。

 このブドウの木は、35年ほどのものですが、まだまだ子供を増やしたいのでしょうか?人間でいうと、もう70歳かな?すごい生命力と感じます。先はどうなっているか?というと

もうぶどうの形になっているでしょう?
オリーブは、どうなっている?というと、

こうです。こちらでは、Tramaと言いますが、もう実ができています。
 先日まで、美しさを競っていた桜ももう実ができています。そうです。サクランボです。

そして、バラは、剪定がうまく行って、

咲く直前というところです。このバラ、昨年一番咲きを逃したのですが、今年は、深紅の匂いのきつい私が勝手に熟女という命名したこれが一番咲きになること必至です。
 
 今日、明日Romaでサッカーのヨーロッパ選手権の準決勝がローマとリヴァプールで、ローマオリンピックのメイン会場であるので、日本大使館から、気を付けて!という連絡がありました。私は、ちょうど明日、Romaに行く予定があって、どうしようか?と思っていますが、予定を変える余裕もないので、予定どうり行くつもりです。試合は、夜からなので、出ないようにするつもりです。
雨模様ですが、サッカーは、雨でもやるみたいです。
まとめます。今のIl Riposinoです。
あっ今、日本ゴールデンウイークですか?

2018年04月23日

再び春の贈り物Orvietoから

 この時期のまた、一つの楽しみがわらび取りです。(わらび狩り?)
私のわらびの畑をご覧ください。

ね?この上もずーとわらびですよ!イタリアでは、私しか食べないのです。ワラビ取っているとみんなが声をかけてきます。なにとっている?と。見せると毒だよ!というのです。でももう20年も食べていますが、死んでいません。暖炉の灰をかけて熱湯をかけで流しにおいておくと朝、おしたしになります。
Pizza に乗せても美味です。

 長さが不ぞろい?  そしてこの量?
わらびは、折るところを自分で教えてくれます。位置が正しくないと折れません。だから不ぞろいになるのです。
量は、あまりながもちしないので一回分でよいのです。
 日本のそれよりぬるぬるしていますが、美味です。ヨットマンがいないからビール飲んじゃおうか?と思っています。合うのです。ビールにわらびのおしたしが。

アフリカからの灰!

 冬の寒い時期にシロッコが吹くと暖かくなると言われています。シロッコとは、アフリカからの熱を含んだ風をシロッコと呼ぶのです。
 しかし、この時期?
 アフリカは、Roma空港から一時間半でチュニジアのチュニジに着きますから、そんなに遠くないのです。
しかし、急に車が先日汚くなってないか?と思ったら砂漠の砂が送られて来とみなが言うのです。日本では、PM21とかいうものがあると聞きましたが、こうです。

わかりますか?
プールの上からのほうが分かりやすいでしょう?

ねえすごいものですね?で、どこの砂漠か?と思って小学館の一番大きな地図をみると、アフリカには、たくさんの砂漠があることを知って驚いています。でもこの砂長い旅だったのでしょうか?
 でも話題になっていない。そんな国です。

2018年04月15日

Potaturaで!(オリーブの剪定)

 今日からVeronaでVinitalyという名前の一年で一番大きなワインの展示会があります。そうです。ロメオさまロメオさまの町です。だれかが一緒なら車で行くのですが、一人なので、仕方なく便の悪い列車で行くつもりです。Orvietoの切符売り場の女子が若い子になって、単純にVeronaまでというと4回乗り換え8時間55分でいい?と聞かれ、嫌だと言って、それでも一回乗り換え7時間半のコースで行きます。まあ、IPadがあるから列車内で、仕事ができるので良いのですが。そんなとき、

StincoとAsparagiが手に入りました。Stincoは脛の肉(牛も豚もあります。これは豚です。)Asparagiは、野生のもの1.2kgが手に入りました。この野生のAsparagiは、一日おいておくのにも、こうして、切り花のように水にさしておかないといけないのです。

 私が野菜好きでも(足が速いので、)1,2kgの野生のアスパラ(ここでは、Asparagi Boscoと言います。)を一人ではもったいないので、RobertoとMihaelaで三等分して、私は冷凍のエビがあったので片栗粉をまぶして茎の部分を焼いて、アスパラは、単純におしたしにして食べました。

  そうタイトルはPotatura
  これをやっていると必ずこういうものにでくわします。
  わかるかな?

怖いのですが、はしごをもう一つ登って、上から見ると

 なんていいます?癒される?もちろん、枝は、小さめにカットして、たぶん私の様子をこのパパとママが見ているでしょうから早めに作業を終えておきました。パパママおいで!と心でつぶやいて!

 さあ、Veronaまで、三日のワイン漬けの旅に出ましょう。初めての町に行きます。列車の乗り換えでMonseliceという町です。どこにあるのかよくわかりません。でも、初めての町は、好きなのです。
 列車が長いので弁当もって行きましょう。
 
 あっ!そう昨日から電話が通じません。雨だったからかな?本当にこの国は、なぜG8にイタリアが入っているのか?と疑問に感じることしばしばです。
 
 あ!Anche Stincoこれは、Baccinaraにしました。全部Robertoにあげちゃった。

2018年04月08日

今のOrvieto Il Riposino


 けっこう長い期間かけて作ったジャスミンの生垣が先日の寒さで完全にやられました。かなり長い生垣だったのですが、Vivaiに来てもらって診てもらったら、もうすぐに二度目の寒波でどこの家でもジャルソミーナは死んじゃったというのです。まあ様子見て、生きていればそのままにして、死んでしまったら、新しく植えればいい。とのこと。夏になると白い花を見せて、何とも言えない香りを送ってくれていたのに。
 奥にある煙?後で説明します。
 季節は、日本より遅いのでしょうか?
 桜が満開です。

 これは、近藤友司さんにねだってOrvietoにもってきて駅の真上の公園に植えて枯れたときの予備にここに飢えた吉野の桜です。しかし草刈り機で私が根本を切ってばい菌が入って弱ったものを、何とかここまでもたせたものです。Il Riposinoには、5本の桜の木がありますが、今年は、サクランボの桜のほうが早く咲きました。

本当にきれいです。
チューリップも咲き始めました。バラの剪定も完璧にできました。

 ぶどうですか?こんな状態です。

 今年は、雨がたくさん降ってくれたので、たくさん泣かれました。やっと涙が枯れたところです。

 オリーブです。

 この時期けっこう大きな剪定をします。
そして、切ったオリーブを焼くのです。そうすると、煙が出るのです。
煙のもとがこれです。

もう一週間するとTulipanoが咲き、なしの花が咲くことでしょう。今のIl Riposinoです。わらびも出るでしょう。

2018年03月11日

春です。Orvietoも。

 マイナス10度もありましたが、春が来ました。

 Il Riposinoには、二つのアーモンドの木があって、その小さい方の木がこれですが、大きい最初に咲いたものは、零下10度の洗礼を受けてダメになりました。同じように、黄色く咲いた水仙がだめで、何よりイタリア中でミモザの花が全滅でした。
 春になると楽しみの一つは、森のアスパラがこの辺では出てくること、山菜が出まわることです。私専用のわらび畑もあります。食いしん坊の私は、河上昌実シェフが来てくれていて、イタリア風白和えみたいなアイデアを受けて、リコッタおかかアスパラをしょうゆで食べました。

 ね?
 茎の方は、色だしに冷えた水で洗ったので、このとおり、

 ワインは、うちのものです。
今朝Barに行ってMandorla(アーモンド)の画像を見せたら、みな寒さが来ないといいね”と言っていました。何かPasqua(復活祭今年は4月1日)に雪が降ると言っています。Diconoですが。

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34