イタリアからのてがみ: 2012年03月 アーカイブ

« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月 アーカイブ

2012年03月17日

いつの日からか

 何となく芸術を見る習慣がついています。
 ヨーロッパは、何と言っても、略奪の歴史ですから、ふと、どこかに行くと美術館や博物館があって、ちょっとの時間に楽しむことが出来ます。ビールの町ミュンヘンに、飛行機待ちで時間があったので、ノイアピナコテクに寄って、そこの作品に酔ったのです。

 ゴッホ・ゴギャン・マネ・モネと印象派の作品が並んでいて、ゴッホのひまわりもありました。これは、他のどこかで見た。と思ったら、ゴッホは、ひまわりを4つ書いたのですって。

 私は、どうもまだ自分の思考がよくわからないことがしばしばあるのですが、平面のものよりこうした立体のもののほうが、わかる気がします。しかし、立体的なものも、単体でどこかに、もって行かれたものより、階段を上がろうと思って見た上の踊り場にある、立像と外からの光に照らされたそれに、酔うことがあります。これは、非常口の絵が興ざめですが。
ac
 Romaでは、Tintoretto展を大統領官邸の前のScuderie Del Quirinaleでやっていました。Veneziaの作家ですが、どうやら、私はこうしたわかりやすい作品が好きみたいです。高校のときは、芸術は、音楽を選んで、中学のときくらいしか、美術を見た印象ないのですが、こうした展示会で、けっこう多くの日本人の若者を見かけます。いまの若者達みんな、こういうものに、興味があるのでしょうか?

 私のころ!美術に興味のあった奴って、記憶にないのですが?
でも、私もいつの間にか、誰の影響なのか?芸術を見ることを楽しみにしています。

2012年03月24日

2012春Orvieto


 ここのところ連日朝はそこそこ冷えていますが、昼間は、20度を越えています。うちの吉野の桜は、ただいま満開です。

 昨年10月に遊びで植えていたチューリップが咲きました。もちろん、私のことで、すっかり植えたことを忘れていたので、ずいぶん変な草だな!と思って見ていたら、チューリップだったのです。

 五年に一度ほどは、多くの大きな木があるため、大幅な剪定をしないといけない家なのです。もちろん素人のできる作業ではないので、人を頼んでやってもらいます。

 ごらんの残骸です。しかし、ここではSaoという車が来て、持っていってくれます。これは、ストーブ用のチップにするのです。Saoです。

でも、こうなると自分でしないといけない作業も迫っています。そうです。オリーブの剪定です。

About 2012年03月

2012年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年02月です。

次のアーカイブは2012年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34