イタリアからのてがみ: 2013年02月 アーカイブ

« 2012年12月 | メイン | 2013年03月 »

2013年02月 アーカイブ

2013年02月06日

デブになりました!

 6週間ほど、日本近辺にいました。冬の日本は、何しろ鍋がいいです。昆布を少し入れて、おかかをすって、だしをとると、なんでもうまい。おまけに冬野菜の豊富さには、うれしいかぎりです。一週間に1kg太ります。やばいと思って減量しようと思うと、寒くて耐えられない。勝手ににデブの方が、金持ちに見える!などと思っていたら6kgも太りました。
でもこっちの仕事もあり、今、イタリアOrvietoの人になりました。

Il riposinoに戻ると、いきなり、いのししの被害です。何回か、鉄砲撃ち(こんな言葉もう死語ですか?)来てもらったようですが、たまたまその日に敵は、来なかったようです。野生動物とはいえ、何しろこの場所で、殺されるのを見るのがいやで、私がいないうちに、何とかしてと思っていたのですが、そうはいかなかったようです。なぜ彼ら、よりによってうちに来るのか?よくわかりませんが、ほんとうに、困るのです。

 大体において、彼ら、彼女ら?わからないけど、なぜやわらかいところをこう、ほじくるのか?めめずを食べているとか?めめずより、もっとうまいものがあると思うのに!ゴルファーだって、はがした芝は、もとに戻すのに!彼ら、仁義を知らない!ここのいのしし、うちだけに遊びに来ているわけではないと思うので、どこかで、誰かが、何とかしてほしいと思うのです。もうすぐ春なのです。芝にこんな穴があるのは、美しくないのです。

 少し離れていたOrvieto!星がきれいなのです。
そのうえ、去年の9月にとったブドウのワインが出来ていました。防腐剤なしのものです。今の時期!最高!いくら飲んでも、頭が痛くならない。今しか味わえないものです。飲みたければ来てください。

飲んで飲んで、酔いつぶれて眠る!一升瓶はないけど、北の家族の田中青大将になるのです。

あっつ、あしたの激務なんだ!
Orvietonosam

2013年02月11日

2月のぶどう


 ふゆの間に、蜘蛛の巣のようになったぶどうの枝の中でしっかりしたものを残して、ほかの枝を処分する作業が必要です。

 かなり大幅に切ります。この作業は、手がかじかんでいる時期ですので、けっこうきついものです。Regareという作業ですが、辞書にありません。ここの地元の言葉かな?スペルが違うかな?まあ、樹齢に合わせて、若いものだと、一番成長の見込めるのを一本、35年くらいたったもので、3本くらいを残します。

 ね?こうして終えるときれいでしょう?ついでにオリーブの畑を見回りました。いのししの被害が大きいのに、驚いています。
 ここIl Riposinoは、Vitervoの方から来ると、うちの前で視界が開けます。多くのツーリストが私のところの前に車を止めて、写真を撮ります。私も今日はそんなに良い位置なのか?とみてみて、新しくしたカメラで撮ってみました。

 そんなに大したものではありません。
 
 まだOrvietoは寒いです。私は、のどが痛くてたまりません。長い旅のあとには、どういうわけかのどから、入って風邪をひきます。
しっかり食べていますし、あめもなめ続けていますが?外は寒いし、ユーロが上がるし、いい医者はいねえし、でも気を取り直して、川島なおみさん推薦のトマト、バジル、野菜のすき焼きを作りましょう。
 きのう帰ったお客様から風邪薬を残してもらったので、日本人なんだから日本の薬を体に与えましょう。その前に割り出しを作ってからと思って、かったるい体に、鞭打って、やります。
 こう長い距離飛行機に乗ったあと、たびたび、具合悪くなると、根本的に、どっか悪いのか?と思いますが?
 でもここイタリアで健康診断や、相談はできないので、今度帰国の際に考えましょう。

 まあ、そんなに思い残すこともないのですがもう少し、やらないとと思っているのです。

明日、Pretoroまで行く予定だったのですが、銀行や、Orveitoにいる仕事に変えましょう。グランサッソという氷河のあるところを超えないといけないので。

2013年02月15日

まだまだこちらも寒いのです。

 安倍さんになってこんなに急激に円が安くなって、日本は輸出でもっていると、言っても輸入しているものもあり、燃料など、一気に上がると思うし、しかもこう寒いと、灯油代も大変だと思うのです。100円/1Lとか? 誰も声上げないのでしょうか?
恐ろしいことです。

Gran Sassoです。イタリアの背中です。氷河があるのです。立派な山でしょう?イタリア横断です。
白くてわからない?では、

この画像がイタリア横断の左手に見えるGran Sassoです。こっちは、下に雪に囲まれていないところも入れたので、わかりやすいと思います。
 こんな山、一度は登りたい!とは思いません。

帰りです。130kmくらいで走っていて、新しくなったカメラを使うと、こんなこともできるのですね?違反でしょうね?こんなこと。すごいですね!え?当たり前!
 
 インフルエンザの予防注射はしたのですが、タイプが違ったようで、高熱に一瞬苦しみました。39,8度まで熱が出ましたが、でもめげずに無理したせいで、良くなりました。人間の体とは、良くできたものです。しかし、声が消えました。もともと私は、語学は、得意でなくて、それを多くのイタリア人は、わかっていてくれて、声を出さないでもBarに行けば、好みのCafeが出てくるし、買い物をしても、相手は、普段の声の二倍くらいの声で、聴いてくれます。おれはつんぼでなく、声がでねえだけで、耳は、100%聞こえる!と言っても「わかった、わかった!」と言っているそばから、でかい声で、話し続けてくれます。
「どこに声を置いてきた?」と何人もから尋ねられました。明日には、Che Saraが大声で歌えるようになると言い返しました。

Mario Luigiに明日は会えると思います。いいえ!Gran Sassoへの登山のためではありません。その前にTreviまで100kmを走って、Loadingの5パレットを見てからですので、けっこう忙しい日です。

2013年02月16日

Mario Luigiに会いました。

 OrvietoのCoopの隣のSale E PepeというBarで。

 相変わらず、かっこ良いのです。ドロミテのMarioです。角田 光代の「あしたドロミテを歩こう」の彼です。彼は、勝田光代の表現にあったとうり、静けさを感じる人です。
 こういう人に会えるとうれしくなります。何と言っても若者には、真似たくても絶対にできない雰囲気です。

話の内容は、日本には、多くの山があるし、槍、穂高等、いい山だけど、峻嶮すぎて、中年高齢者には、危険であること。また人が多すぎて、静けさを感じられず、かえってストレスになること。トイレの問題等、心配しないといけない。
ついては、ここUmbriaには、Valnerinaがある。Fiume Neraがあるし、まったく人がいない。日本にPRしないか?ということでした。
 ついては、一度行こう!と誘われたのです。

 地図でいうとここなのです。実に面白い企画なのです。春になったら、一度行ってみましょう。と言って、別れました。
 ああ、ロッククライミングではありません。私でも歩ける?と問うと、「もちろん!」という返事を返してくれました。
  春になったら!春になったら!と思っています。
  出来ますか?

About 2013年02月

2013年02月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34