イタリアからのてがみ: 2018年03月 アーカイブ

« 2018年02月 | メイン | 2018年04月 »

2018年03月 アーカイブ

2018年03月02日

Mamma mia! Madonna!Orvieto冬2018

 なぜ?うちにつららができるの?

 朝Barに行くときに、車で外の温度が分かるのですが、今朝はマイナス10度C、昼間も2度までしか上がりませんでした。ここ3日のテレビのトップニュースは、Maltempo(悪天候)で、アルベロベッロに雪、シチリアで雪というニュースが流れています。飛行機、列車、車の混乱が続いています。三日連続で学校その他は休みという電話が入っています。今週中に世界遺産のVicenzaに行こうと思っていましたが、列車がダメなので、来週にしようと思っています。ちょうど、手紙を70通ほど書かないといけなかったので、デスクでその仕事をしていましたが、冷蔵庫に生姜があったことを思い出して、外のローズマリーノを取って、暖炉前において、乾燥させています。これは、甘くないホットワインを作るためです。三日ほど天日で乾かすのですが、外は、みぞれなので、だんろ前にこうして乾かしています。

 手紙を書きながら、でも夕方なので、外の様子を見たら、本気でMammaMia!外水道の一つが、凍ってパンク、

 さすがにこれだけ水が出ていると、零下30度くらいにならないと止まらないでしょう。直ぐに水道屋は来るわけないし、と思って、でも連絡をしておいて、ふてて夕飯の用意をしました。

 やっぱり寒いと肉です。飲み物は、生姜はまだ乾いていないので、シーバースのお湯割りをスタートにしました。おしゃれに八角とグローブを入れてのホットウイスキーが食事のスタートです。
 このグラスわかりますか?実は無心してもらってきたものです。

 こういうものがあること知っています?けっこうなごむのです。トリスのおじさん!この人としとらないな!
 さて、じゃあ、いつになったら、水道屋来るか?なんて、忘れちまえ!
 今、Genovaの人から電話があって、20年に一度の寒さだと言っています。今の私は、100年に一度位と思っていますが。Madonna!Santa!

2018年03月11日

春です。Orvietoも。

 マイナス10度もありましたが、春が来ました。

 Il Riposinoには、二つのアーモンドの木があって、その小さい方の木がこれですが、大きい最初に咲いたものは、零下10度の洗礼を受けてダメになりました。同じように、黄色く咲いた水仙がだめで、何よりイタリア中でミモザの花が全滅でした。
 春になると楽しみの一つは、森のアスパラがこの辺では出てくること、山菜が出まわることです。私専用のわらび畑もあります。食いしん坊の私は、河上昌実シェフが来てくれていて、イタリア風白和えみたいなアイデアを受けて、リコッタおかかアスパラをしょうゆで食べました。

 ね?
 茎の方は、色だしに冷えた水で洗ったので、このとおり、

 ワインは、うちのものです。
今朝Barに行ってMandorla(アーモンド)の画像を見せたら、みな寒さが来ないといいね”と言っていました。何かPasqua(復活祭今年は4月1日)に雪が降ると言っています。Diconoですが。

About 2018年03月

2018年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2018年02月です。

次のアーカイブは2018年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34