イタリアからのてがみ: 2009年03月 アーカイブ

« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月09日

オリーブのPotatura(剪定)

 雨の晴れ間をみて、オリーブの剪定作業に追われています。オリーブの収穫を手でするので、木を高く成長させない剪定技術が必要です。木が高くなると、はしごの高いものを使うことになるからです。けっこう技術が必要です。剪定技術によってその年の収穫量が違うし、オリーブの木によっては、その年の収穫を望むより、次の年以後に合わせるつまり、木を読む技術も必要になってくるのです。
私のところは、この土地と建物を買う以前に、前のオーナーが、十分な養生をしていなかったようで、そのうえ、私が「木の声を聞きながら!」などと言って、いい加減な剪定をしてしまったので、修正に手間がかかりましたが、何とか、11年経って、良い感じになりました。そして、今年の冬は、そこそこ冷えて、虫が死んだようですし、きっと11月には、良いオリーブが出来るでしょう。

 落とした枝や葉は、集め燃やします。この集める作業もフォークの大きいもので、これを行うのですが、まだ私は技術不足で、うまく扱えないので、手でかきあつめると、同じ時間で、熟練者の十分の一くらいしか出来ません。少し情けない気分になります。集めた枝や葉は、膨大な量になります。しかし、オリーブの木や葉には、油があるので、この雨の多い中ででも十分に燃えてくれます。あっという間に、しかも、灰だけが残る見事な燃え方をするのです。

 少し作業中の私の雄姿を掲載します。本当に私が農作業しているのか?と一部の人が言っているという話を聞き、むきになる必要もないのですが、そこはまだ、人として熟していないので、はい、でもちゃんとやっています。まさに「雄姿」です。

2009年03月10日

Festa Della Donna!(ミモザの日)

 国際女性デイ?なのですか? 
毎年のことですが、イタリアでは、3月の8日は、女性でミモザをもらわない人がいない日です。鼻に自信のないわたしにとっては、どこに行ってもほとんどの女性が、この日、ミモザを手にしているので、嫌いな日です。このミモザという木は、大木になりますが、強烈な黄色になり、触ると花粉が落ちてきそうで、近づくことを避けていましたが、今回カメラを向けるために、Vespaに乗り近くのミモザの木の近くに行きました。
 この時期に、山々を見ると、その強烈な黄色が、目に飛び込んできます。たしかにぼけと並んでこの地方では、春告げ花です。

 日本では、バレンタインデイ、ホワイイトデイは、定着しているようですが、3月8日のミモザの日は定着していないようです。いくら花の業界の人が、この日を広めようと、思っても、花粉症の人が多い日本では無理なのでしょう。

 しかし、JSTVで日本のニュースを見ると、マスクをした人の多い国ですね?私は、異常だと思うのですが。ヨーロッパでこのマスクをしていると、人が近づきません。
私は、だから悪用しています。警察とか?に呼び止められると!これを使います。
いえ!決して悪いことはしていないつもりですが、やっかいなので!

いのししかやまあらし

土曜日にRomaに行くことがあるのですが、帰ってくるといつも、大地がこんな状態になっています。
村の人達に聞くと、いのししや、ヤマアラシは、土曜日に私がIl Riposinoにいないことを知っているので、当家に来て、みみずや、土の下のものを食べて行くのだとか?
 
 まあ信じられないのですが、私が銃をもっていないので、いっしょに農業の手伝いをしているElioが、土曜日の夜に、撃ちに来ると言っているのですが、断っています。

 まあ、まだ草刈りが、必要でないので、地面の穴は、ほっておこうと思っています。

 パッパルデッラチンギアッリは、この地方では、人気のパスタですが、自分のところで獲ったいのししとなると、何となく、良い感じがしないのです。


2009年03月11日

やっと終わりました!

 5ヶ所のオリーブ畑のPotaturaが終了しました。他の仕事もあるので、ここ一週間は、どうやら、平均3時間半の睡眠時間でした。
 いきなりやったせいか?歳のせいか?足、腰、腕が、痛みで悲鳴をあげていますが、そこは、親が健康に生んでくれたせいか、何とかけがもなく、終わりました。
 日本にいれば、それマッサージと行きたいのですが、人口2万人のここイタリアの田舎には、そんな人がいるわけもなく、自ら張った筋肉を、愛撫するのみです。
 オリーブは、しっかりと水を含んでいます。切り落とした太い木は、ナタやチェーンそうなどで切り、まきにもしました。切った木を毎日暖炉にくべて火を、眺めながら、我が家のワインを傾けたお陰で、体力が持ちこたえたと思っています。しかし肉体疲労後の酒と食は、よいものです。
 聡明さで売れなかった私は、やっぱり、肉体派であることを自覚した一週間でした。
 さあ、次は、ぶどうのLegareです。ぶどうの涙を見れる時期になります。






About 2009年03月

2009年03月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年02月です。

次のアーカイブは2009年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34