イタリアからのてがみ: 2009年05月 アーカイブ

« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月 アーカイブ

2009年05月05日

Firenze Sabatiniに行ってきました!

 相変わらず良い雰囲気でした。オーナーのMarioも元気でしたし、シェフのCavaliereも元気でした。ひらめのよいのがあるとシェフが言うので、焼いてもらって食べました。なかなかいい味でした。少ししょっぱかったかな。日本の連休中とかで、日本人が多いのに驚きましたし、Marioが日本語がうまくなったのにも、驚きました。誰が教えたのでしょうか?
 今月15日からMarioに変わって、写真のCarlo Lazzeriniともう一人がオーナーになるのだそうです。とても嬉しそうだったのです。
 買った値段も聞いちゃった!書きませんが。

 久々のFirenzeは、たまたま乗り合いバスのSciopero(ストライキ)で、車が山のように市内のあふれていて、殺人的な渋滞があり、目的地に着かない現象で、こうなると、ただただ自分の足だけがたよりのFirenzeでした。

2009年05月14日

Roberto Benigniに会いました!

 Roberto Benigni(ロベルト・ベニーニ)に会いました
 今、日本は、時あたかも総会のシーズンで、出ないといけない会が多くあり、その後アメリカの景気の実態をどうしても自分の目で見たいので、アメリカを回り、Romaにもどるといういわゆる、世界一周の旅に私は、出ています。     

 最初にRoma空港の一室にいました。突然人に伴われてあこがれの人が入ってきました。黒の少しくたびれて見える(でもアルマーニかな?)黒のスーツに黒のおきまりのメガネでした。
 突然でしたので、「あなたですか?」と言ってしまいました。私は自分で言った言葉で、この手の後悔をよくするのです。「ばかなことを言ったしまった!」と。
10年ほど前に、社のイメージを変えるために、売り上げの50%を占める石油製品の販売イメージを払拭し、お客様の近くにいて、あらゆる要望に答えられる会社でありたいので、クリーンエネルギーと快適な空間という自らが35年も前に作ったキャッチフレーズを変えたのは、ロベルト・ベニーニがオスカーをとった映画のLa Vita e Bella!を見てからでした。日本では、The Life is Beautiful!というタイトルでした。生きている間は、どんな環境でも、あきらめない、投げない!全力を尽くすべきである!という解釈をあの映画からした私は、素直に感動し、社も社に集う者もそうありたいと願ってキャッチフレーズをLa bell Vita!としたのです。その後あの映画の子役のGiorgioとOrvietoで、会ったりして、一度でよいから会ってみたい人でした。彼非常に急いでいたみたいでして、サインしてもらえば、とか写真とってもらったら!ミーハーの私は、本気で思ったりしていますが、素敵な瞬間でした。
 今度会ったら、きっと!サインとデジカメとその電池を忘れないで!何て、心に誓ったミーハーおじさんの5月13日でした。

Orcia渓谷

世界遺産Orcia渓谷
 ただの畑が世界遺産というのは?と思う方方がいると思うのですが、ヨーロッパは海の底だったので、塩を含んだ大地を耕地に変えてゆくのには、とてつもない時間と労力が必要であったはずなのです。
 わがIl Riposinoにあるオリーブの木でも一番古いものは350年ほど経過したものですが、それよりもっともっと以前からの気の遠くなるほどの時間がかかってこの畑になったわけです。除いた塩と同じくらい人の汗がしみこんでいるのでは?と思えるのです。
私もこの時期が最も美しいのは知っていたのですが、この時期に来たのは初めてです。見渡す限りの畑です。え?何ですか?ですってこの緑?もちろんPasta、Pizzaの国イタリアの麦です。


About 2009年05月

2009年05月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年04月です。

次のアーカイブは2009年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34