イタリアからのてがみ: 2009年10月 アーカイブ

« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月 アーカイブ

2009年10月15日

めっきり寒くなりました!

 今朝の気温は、0度、最高気温も13度でした。
毎年のことですが、一面にシクラメンが咲きました。こうなるとそろそろ、
 山のほうからオリーブの収穫がはじまります。暖炉には、火がないと寂しい気がします。今年は、たくさんの木を切ったし、一年乾燥したものと最近切ったものがあるので、不自由しないで、すみそうです。でも寒い!地球温暖化しているのですか?まだ10月です。
写真というのは、ときに実物以上にきれいに写りますが、このシクラメンは、色が素敵なのと、清楚な感じがあるのですが、よく撮れません。下手なのでしょう。まあ実物は、清楚で色鮮やかなのです。ただ咲いている場所がただの土手なのです。今が旬です。シクラメン!イタリア語?Ciclaminoです。

寒いので、ブイヤベースでも、つつくと思っています。ブイヤベースは、イタリアの食ではありませんね?


2009年10月17日

本当に寒いのです!

 イタリアだけでなく、ヨーロッパ中もアメリカも寒くなっているようで、もちろんもう山には雪が降っています。あたたかいのは日本だけかな?アジア圏かな?
 
 今日は、アスコラナという種類のオリーブを収穫しました。このオリーブは粒が大きく、油をとるよりも、そのまま食べる用途に使われることが多く、いち早く取ったのです。これを洗って苛性ソーダーであくをとり、うす塩でつけるのですが、絶品なのです。何とか、早く作って、会津にいる母親が楽しみにしているので、送る計画をしていますが、うまく行きますか?


2009年10月25日

今日からヨーロッパは冬時間

 日本との時差が8時間になったわけです。ですから動物のようのイタリア人は、たくさん寝られて、良い顔でBarで朝食をしています。毎年、10月の最終の週末の土曜日の夜中で変わるのです。パソコンというものは、すごいもので、自然に時間が変わっているのに驚かされます。家中の時計を一時間戻す作業があるのにパソコンは、なにもないでもよいのです。ふと考えるのですが、日曜日の午前3時と午前2時が同じ瞬間なのです。少し考えると?同じ瞬間が二つあるのって?まあいいか?

冬時間になると、日本に着くときが、もう夜なんですよね!少し寂しいのです。

 日本でも夏時間と冬時間をやっていたことがあるとか?またはじめるのでしょうか?
 ともかく、時差今日から8時間です。シエスタのとき、時間を間違えないで下さい。

2009年10月26日

いよいよNovelloの出荷です!

 ボトリングをしてレッテルを張ってコルクを入れ、カプセルで囲います。今年のNovelloは気に入ったシリコンがなかったのですが、たまたま、コルクの適当なものが見つかったので、コルクにしました。そして、そのコルクを囲むカプセルですが、ボトリング直前になくなってしまう事件がありましたが、何とかそれこそ寝ずに、必死の努力をして、何とか今日の出荷にこぎつけたのです。
 イタリアという国は、あらゆる準備をしていても何か突然のアクシデントがあって、本当に困ることがあるのですが、やっと来た今日の出荷時には、無事で着くことそして、すんなり通関が行くことを、祈りました。自然に手を合わせていました。
 
 一人でも多くの人がこのNovelloの味を堪能してくれることを祈っているのです。私自身も、Novelloのセレモニーのために非常に短い帰国をします。今回のPartyには、フランスの人、Romaの人、韓国の人、中国の方や、多くの人が来てくれそうなのです。

 ありがたいことだと思っています。
ともかく、2009年Novelloの出荷です!

 

2009年10月28日

Pantera(ひょう)

 今入った話ですが、Panteraと言いますが、ひょうが、どこかのうちからか逃げたのですって!困っています。だから家を空けないように!という話が入っています。
 畑にでていて、突然出てきたら、どうしましょう?
 労災の適用にはならないだろうし?だいたい何でPantera(ひょう)など飼うのでしょう?ねこにしてねこに!勝てないでしょう?
相手がひょうなら?
だいたいPanteraなんて単語知らないので知らせに来た人に「Panteraって何?」と聞いたら「ライオンの小さいの!」というから、「じゃあ猫?」と聞くと「とんでもない!」と言うので辞書見たら、「ひょう!」
 どうしましょう?
 日本は、よいですよね?せいぜい「さる」でしょう?
 「ひょう」は、いないもの。
 そういえば、何かやけに夜になると、我が家の犬がほえるのです。朝になったら死んでいたら?
 おー怖い!
 暖炉とストーブに、木を十分に入れておきましょう。早く解決することを祈っています。
 ひでえものですが、こうなると犬より自分なのですね!

 折角やっと、Novello出荷が終わって、日々変わってゆくワインを味わっているのに!少し酔いがさめてきました。
 でも、ひょうが来たら、Novello飲ましちゃいましょうか?
 俺 酔ってますか?
Sam

2009年10月29日

村田 節子先生に会いました!

 わたしにとっては、大切な人で、いつも勇気を与えてくれています。Novelloを届けにいったのですが、いつものように、ご馳走になってしまって、素敵な時間と素敵な食事でした。
少しおみ足が悪かったようですが、今はしっかりした足取りで、たしかもう88歳になると思うのですが、今だにレッスンをお持ちだとか?そういえば、あの、奥田 千恵子さんも90歳のときにここにおいでになって、ここには PianoForteがないの?と質問され、お休み下さい!と言ったらしかられたことがありますが、村田先生、40年以上も前に単身イタリアに渡られて、古典オペラをおやりになってというくらいのですから、すごいパワーなのですね!
 そして、今日も、たくさんのエネルギーをいただいたのです。
 せっかくですので、彼女の家で、居間と少し光が強すぎたのですが、ベランダでもポーズをとってもらいました。
 オリーブが出来たらまた届けることを約束してわかれました。

 

About 2009年10月

2009年10月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年09月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34