イタリアからのてがみ: 2014年02月 アーカイブ

« 2014年01月 | メイン | 2014年03月 »

2014年02月 アーカイブ

2014年02月01日

Mammamia


2000年前の古都 Romaは、今では災害に弱い都市です。朝方3時か4時でしょうか?雷で起きました。それほどひどい雨でした。ちょうどお客様がおいでになっていて、帰国前日だったので、Romaに宿をとってもらっていました。午前中に私は、Bastiaで商談があるので、お客様には、空港までのタクシーを頼んで、一人ホテルを出ましたら、二時間車に乗っていても5kmくらいしか進まないのです。

仕方ないので、約束が遅れる旨を話して、一気に北に向かい、Chivitta Vecchiaまですすみ、Monteromano?Vitervoを経て、Orvietoに戻り、そこからBastiaに向かいました。今日は、8時間ほど車の中でした。
 でも戻ると今度はうちのプールの上の水を出さないといけないことに気づき、でも私も進歩していて、枯葉がポンプに入らないような工夫を施し、水を出したのですが、何と、これに5時間かかりました。

ただ、自動と言ってもスイッチは手動です。でまた雨が降り出したので、今日はこのくらいでやめようと思っています。スーパーに行くとじゃがいもの旨そうなものがあったので、鉄板焼きでもしようか?と思っています。

2014年02月04日

幸い気温は、寒くなかったので!

 この雨の被害は、少し降ると大騒ぎになるのですが、古都Romaは、抜本的に変えないといけないと思うのですが、この不景気では、整備も進まないのでしょう。さて、我が家も、COの危険を避けるために、コーキングをし、軽く押しつけて、軽くしろのスプレーをしました。少し様子みて、再度コーキングをし、筆でぬる予定です。

 もう死ねません。
 水出しとコーキングとSpinaは、いばら刈で少し疲れたので、Pastaをつくりました。結局食べ物になります。14分というPastaで、鮭のソーセージを入れ、最後はイタリアンパセリで、色どりを添えて!ワインはConvito Biancoで、美味でした。

 食べるために働いているのに日本は食事をあまり大切にしないみたい。簡単に食べ物が手に入りすぎるから?と思うことがあります。大体にこのPastaみたいに、ゆで時間14分などというと、湯を沸かす時間を入れれば、それだけで、そこそこ時間がかかるからだめなのでしょうか?食べ物には妥協しないで、ちゃんとしたものを食べたいものです。
 私は一人でも、しっかりやっています。

2014年02月09日

今日は誰かの誕生日?Orvietoから

 久々に新装なったCoopに行ったら、Orataのよさそうなものがあったので、買ったら、「今日魚のバーゲンだから!」「ほかは?」と若いかわゆいラガッザに言われ、つい目の前にタコがあったので、買ったのです。
 早朝、Romaに出て、急いで引き返してきて、L'una(午後一時)直前だったのです。
Orataは、辞書によると、チヌ、クロダイと書かれてあります。
どうしても内陸のOrvietoでは、魚は貴重品です。このOrata、フィルターをした、出来たら、一年以上たったオリーブオイルで、フライパンで焼き、レモンと醤油で食べると、最高の味なのです。

 つまり、タコとクロダイなんて、Orvietoでは、普通そろわないので、誕生日と書いたのです。

 ところが、タコの塩抜きに失敗しました。情けないことです。酢と塩で洗ってでも、塩が抜けないので必死で洗ったところ、抜けすぎてしまったのです。途中で何度も確認をしたのですが、抜けない、抜けないと思っている最中に、抜けすぎてしまったようです。こうなると、新じゃがとタコの定番のTapasを考えていたのですが、いけません。この辺がやはり素人なのですね!塩抜きに失敗したタコは、ただのゴムです。
 しかたないので、トマトソースと合わせて、Pastaの具にしましょう。

でも魚の食材がそろうことは、豪華なもので、まるで誰かの誕生日のようです。

ね?
 画像は、アメリカ製の醤油です。
でも今日のOrata、目の下、あご、この醤油一つで、見事に、変身します。もちろんハバールの赤の岩塩、クラコフの青色の岩塩、サルデニアの海塩、シチリアのそれ!全部試していますが、醤油に勝るものはないように思えます。

 もうちょっときれいに焼けばよかった?
 つい!はい。ごめんなさい。

2014年02月11日

雨です。Orvieto

 今朝の天気予報では、すべての州で雨。アフリカからのシロッコが吹いて、温度高い。というものでした。イタリア人の朝、開口一番のあいさつは、天候のことが多いのです。「雨が降っている。」とか「太陽が出ている。」イタリアに来て間もないころは、何言っているんだこの人たちは。と思っていたのですが、今は、私も朝、Barに行って、初めての言葉は、「雨だ!」になっています。

 この激しい雨の中、今日も私はスーパーマンをしてしまいました。Romaを経て、Pretoroまでの片道350kmつまりアドリア海までのイタリア横断をしたわけです。

 グランサッソという氷河のある山を越えてゆくのですが、ほぼ雨でした。予報では、Pescaraでは、少し太陽でる。みたいなものでしたが、Pretoroへ着くと、このMaiella国立公園の中の町は、少し顔を見せてくれました。

 この中腹からの湧水で、うちのPastaは出来ているのです。
 製造しているの見ますか?


 戻ってきて、銀行二行まわって、(午後、銀行は、一時間しかやっていません。)設備の不具合を治して、デスクにつくと、ふと、朝7時に小さなコルネットとカプチーノを飲んだだけで、何も口にしていないことに気づきました。また、何でPCが点かない??と思うと、電気がきていないのです。周りも真っ暗。つまり停電なのです。街頭はないし、周りのうちが見えないので、車で出ると、Enel(日本の東電です。)の社員がたくさんいて、何かを修理中、聞くと、「まだだよ!」との返事。どこかの線が切れたのでしょう。こうなると、電源は原発でもなんでもいいから、電気が欲しくなります。スーパーにも行けなかったのですが、でも、何とか食事を済ませ、今日は、永遠の0を読み上げました。

2014年02月14日

イタリアは、本当にG8のメンバー?

 Maiellaから戻ると、GLPがないことを思い出して、GLPはLPGのことです。電話しておいたら、今日は、雨が多いので、明日!という返事。
まあ、もつかな?と思いながらひやひや使っているのですが、二度にわたる停電で、ボイラーも、ガスのテーブルも火がつかないのです。日本もかなり前に、停電はありましたが、その都度報告や、状況を連絡くれたものです。停電が復帰して、良かったと思ったら、今度は水が出ないのです。一度に水、ガス、電気が止まるような国は、G8のメンバーなのでしょうか?「ったく!」
 
 多くの日本の方は、観光での非日常生活にこのイタリアに来るのでしょうが、私にとっては、日々が日常ですと、どうも、住みにくいところが目立ちます。

ともかく、ガスは、来てくれて、おもいきり使える環境になりました。

そして、その雨の晴れ間に、うちと道路との境に、春から山のような、Spineに覆われるので、(これ秋になると、おいしい実をつけるのですが)いかんせんいばらは、強烈なので、今のうちに!と思って、傷だらけになりながらの作業を終えました。

 でも、ふと見上げると、Orvietoは、きれいな姿を見せてくれました。

 からだがななめなので、画像もななめです。

About 2014年02月

2014年02月にブログ「イタリアからのてがみ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年01月です。

次のアーカイブは2014年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34