乾燥が始まりました。Orvieto オルヴィエートのホテルから生の情報をお伝えします。観光ガイドには載らない本当のイタリア

« 草月流の福島光加先生がお見えになりました。Orvieto | メイン | Speriamoの魅力 »

乾燥が始まりました。Orvieto

 昨年 Barの女の子が、この乾燥でのどをやられ、声が出なくなったのを笑ったら、私も人生初の無声になったのです。今年は、雨が少なく、もう強烈な乾燥に見舞われています。

 そこで、また無声になると困るので、Coopの前の薬屋でのど飴を買い込んできました。

バラの花も小ぶりになってしまって、でもまだいけますが、どうやら乾燥で死んでしまうカブがあるように思います。でも草月流の福島光加先生に指導受けた者としては、花がこれだけあるのですから、活けています。

 サクランボが時期になり、おいしい実をたくさんつけています。

 イタリアのSlow Foodは、良い運動だと思うのですが、この気候にゆだねすぎるので、毎年の天候に気の休まることがないのです。Barの話題も、雨が少ないということばかりです。でも昨年サクランボがうまくなくてオリーブが今一つだったのです。だからサクランボのうまい年はオリーブうまいよね?という問いかけに、同意する人が少なったのが残念ですが、ここの二大産業のもう一つのブドウは、良い出来になっています。でも、植物の多くは、この乾燥に悲鳴を上げ始めています。枯れてしまうもの(木々)がなければよいと念じています。人?はい熱中症対策?ーーープールです。

About

2017年06月03日 21:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「草月流の福島光加先生がお見えになりました。Orvieto」です。

次の投稿は「Speriamoの魅力」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34