Bruciare大地は褐色から黒に!Orvieto  オルヴィエートのホテルから生の情報をお伝えします。観光ガイドには載らない本当のイタリア

« ゆりかと謙太朗が来てくれました。 | メイン | 由香理ちゃんが来てくれました。 »

Bruciare大地は褐色から黒に!Orvieto 

 強烈な乾燥と皮膚に刺さるほどの光に大地は焼け黒く変化します。それをBurciareと言います。何しろほぼ4か月雨がありません。

 私とヨットマンは、日々ほぼ裸で過ごしています。すべての植物と動物は、雨の到来を待っていますが、植物の多くは、自分の命を守るため、できた実を落とします。あと3週間持てば、大丈夫なのですが?

わかりますか?それでは、もう一つの画像を。

そのとなりのオリーブですが、実がなるときに水がないので枯れてしまったものです。モライオーロなのに!

ところが、乾燥に強いと言われるぶどうは、このありさまです。Orvieto Classicoです。

 生命を謳歌してると思えるほど、生き生きしています。他の植物をあざ笑っているようにも見えます。
すごいものだな!と思うのです。
 
 朝は寒く15度くらいで昼には40度近くなって、この温度差がぶどうの糖度をあげると言われています。朝、Barに行くときは、とっくりのセーターを着てゆきます。とっくりという表現は、死語だそうですが、ハイネックです。でも私一人ですが。

ときあたかも、ぶどうは、色づきの時でして、

 こんな感じです。しかしそのブドウも、去年植えた若い若いサンジョベーゼは、死に直面しています。何しろ自然がすべてのこの国の農業は、憂うばかりです。
 もう少し、もう少し!あと三週間!とエールを送っています。Ferragousto(8月15日)になると、雨が来て来なくても大地から水が増してきて、ブドウは、ぷくっと膨れてゆきますし、新緑になって行きます。何しろ、ヨットマンと二人、日々、天を仰いでいますが、今日も、ギラギラと地中海の強烈な日差しです。でもそのヨットマンも明日帰りますので、それからは、Home Aloneです。

About

2017年07月23日 16:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ゆりかと謙太朗が来てくれました。」です。

次の投稿は「由香理ちゃんが来てくれました。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34