イタリアからのてがみ

ホームイタリアからのてがみオリーブオイル(Olio di Oliva)

オリーブオイル(Olio di Oliva)

2019.1.10

_IGP8477.jpg

やっと日本でもこの油の良さが知られはじめていることに、私は、大きな喜びを感じています。
友人の神尾君が奇跡のシェフという本を出し、その後、がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事という本も好評で、樹木希林のデスクの本棚にその本があったり、日野原重明先生が毎日オリーブオイルを飲んでいるという報道だったりで、本当にポピュラーになりました。
ただまだ用途によってオリーブオイルを選ぶというところまでには至っていないようです。
また、日本では、賞味期限を気にしすぎる気もします。
オリーブオイルの収穫は年に一度で秋から冬の時期に行います。
収穫したらできるだけ早くMulionoと言われる油引き工場にもって行き油にするのですが、収穫して油にするまでの時間が良いものにする最低の条件です。

ただ我々の地域のものは、どうしても、自然で何も加えていないものなので、劣化も早いものなのです。保存には光と空気と気温に注意が必要です。
使用頻度が少ない場合遮光のものを選ぶべきです。一度開けたら早く使うことです。
そして、低い気温のところには、置かないことです。
そのため、社のものは、遮光の瓶で、250mlで、冷蔵庫に入れないように伝えています。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログを検索